3~5日配送 送料無料(12,000円以上のご注文)

Wahooのアプリをダウンロード

Wahoo Fitness

Wahoo Fitnessはランニング、サイクリング、フィットネスのアプリで、iPhoneの性能を最大限に活かして、私たちがサイクリングやランニングをする方法を変え、トレーニングとフィットネスの目標達成への道のりに革命をもたらします。

製品情報

製品情報

Wahoo Blue SCは速度とケイデンスを計測するセンサーです。iOSまたはAndroidのスマートフォンやタブレット端末と組み合わせて使用することを想定しています。Bluetooth4.0とANT+のテクノロジーを搭載し、サイクリングの速度、ケイデンス、走行距離に関する情報を追跡します。

iOS

この製品は、iPhone 4s以降、iPad第3世代以降、iPad mini、iPad Air、およびiPod第5世代で使用するように設計されています。

Android

この製品は、Bluetooth4.0プロトコルに対応した4.3以降のAndroidデバイスで使用するように設計されており、他社製アプリがBluetooth4.0 (Smart) 無線にアクセスすることを許可する必要があります。

注: Wahoo Fitnessでは、この説明に該当するAndroid全機種との完全な互換性はまだテストしていません。製品を購入される前に、Google Play Storeからアプリをダウンロードし、お使いのデバイスにインストールできるかどうかを確認してください。

この製品には以下の付属品が同梱されています

  • BlueSC
  • CR2032バッテリー(内蔵)
  • マウント用ストラップ
  • 結束バンド
  • ゴム製マウントベース
  • クランクアーム用マグネット
  • スポーク用マグネット
  • クイックスタートガイド
  • 重要な製品情報ガイド
セットアップ

セットアップ

このセットアップガイドでは、Blue SCを取り付けてWahoo Fitnessアプリに連動させる方法を説明します。

Wahoo Blue SCの取り付け方法

  • 自転車のリアチェーンステイのペダル付近にセンサーを取り付けます。ロゴが上向きになるようにし、センサーのアームがリアチェーンステイの内側に入り、下向きになるようにします。正しい位置に移動するには、2 mmのアレンボルト用レンチを使ってセンサーのアームを緩めなければならない場合があります。
  • 付属のゴムバンドか結束バンドのどちらかを選んで、センサーを固定します。結束バンドを使用する場合は、センサーを固定する前にマグネットを並べる必要があるので、この時点では完全に締めないでください。しっかりと固定できる結束バンドの使用をお勧めします。
  • 同じ側のペダルを外し、ペダルのマグネットをセンサーの方に向けて、クランクに取り付けます。Wahoo Blue SCセンサーの本体にあるインジケーターのラインを通過するように、マグネットを仮止めします。マグネットがセンサーから約4 mm以内でなければ、読み取れません。必要に応じて、センサーとマグネットの位置を調節してください。ペダルを交換します。
  • ホイールマグネットがセンサーに向くようにして、後輪のスポークにネジで固定します。Wahoo Blue SCセンサーのアームにあるインジケーターのラインを通過するように、マグネットを仮止めします。マグネットがセンサーから約4 mm以内でなければ、読み取れません。必要に応じて、もう一度センサーとマグネットの位置を調節してください。マグネットをスポークにしっかりと固定します。マグネットの位置を確認したら、(結束バンドを使用する場合は)それを締めて両端を切り取ります。

Blue SCとWahoo Fitnessアプリ (iOS) のペアリング方法

  • Wahoo FitnessアプリをApp Storeからダウンロードします。
  • Wahoo Fitnessアプリを開きます。必ずBluetoothをオンにしてください。
  • マグネットがセンサーを通過するまで、後輪またはクランクアームを回転させてBlue SCを起動します。
  • 左下の[センサー]を選択します。
  • [新しいセンサーを追加]を選択します。
  • 使用可能なセンサーの一覧からBlue SCを選択します。*
  • 正しいセンサーに接続したこと確認したら、[センサーを保存]を選択します。
  • Blue SCで使用するワークアウトプロフィールを選択します(サイクリングなど)。
  • [完了]を選んで、ペアリングとワークアウトの選択プロセスを完了します。
  • 左上の[完了]を選んでセンサーメニューを終了します。

Blue SCとWahoo Fitnessアプリ (Android) のペアリング方法

  • Google Play StoreからWahoo Fitnessアプリをダウンロードします。
  • Wahoo Fitnessアプリを開きます。必ずBluetoothをオンにしてください。
  • マグネットがセンサーを通過するまで、後輪またはクランクアームを回転させてBlue SCを起動します。
  • 右上の[デバイスを保存]を選択します。
  • [+]アイコンを選択して新しいセンサーを追加します。
  • 使用可能なセンサーの一覧からBlue SCを選択します。
  • 正しいセンサーと接続したことを確認したら、[デバイスを保存]を選択します。
  • Blue SCで使用するワークアウトプロフィールを選択します(サイクリングなど)。
  • [OK]を選択して、ペアリングとワークアウトの選択プロセスを完了します。
  • 戻るボタンを使ってメニューを終了し、ホーム画面に戻ります。

これでBlue SCが設定され、ワークアウトの準備ができました。Blue SCを使用するには、ペアリングしたプロフィールの1つを使ってワークアウトを開始します。このペアリングは今後Wahoo Fitnessアプリに記憶されます。センサーを起動して新しいワークアウトを開始するだけで、データの記録が始まります!

注: ペアリングプロセス中、Blue SCスピード・ケイデンスセンサーは青と赤のLEDを使用して、ユーザーに瞬時のフィードバックを提供します。これらのLEDは電池節約のため約30秒間だけ動作します。赤のLEDが1回点滅したらクランク、2回点滅したらホイールを表します。青のLEDは接続の状態を表し、以下の3通りのモードがあります。

  • 遅い点滅(1秒に1回程度):Blue SCは起動していますが、ペアリングしていません。
  • 4回点滅:これは接続した瞬間に発生します。
  • 早い点滅(1秒に2回程度):Blue SCはデバイスとペアリングしています。

センサーのファームウェアがバージョンアップデートされている場合は、アップデートの開始を確認するメッセージがWahoo Fitnessアプリに表示されます。バージョンアップしない場合は、後日アップデートできます。バージョンアップがリリースされているセンサーは、[保存されたセンサー]メニューに、アップデートが可能であるがインストールされていないことを示すバッジが表示されます。

作動しない場合は、

  • クランクとホイールが回転するときに、マグネットがセンサーを通過することを確認してください。
ワークアウトの基本

ワークアウトの基本

ワークアウトの開始 (iOS)

  • 必ずBluetoothをオンにし、Blue SC.と通信できる状態にしてください。
  • スライダーを使って、ワークアウトタイプの一覧から実行するワークアウトを選択します。
  • 音声アナウンスをオンまたはオフにします。
  • マグネットがセンサーを通過するまで、後輪またはクランクアームを回転させてBlue SCを起動します。
  • Blue SCがデバイスと同期していることを確認します。デバイスに接続すると、そのワークアウトプロフィールのリンク済みセンサーの一覧が表示され、右端に信号強度が表示されます。
  • 緑の[開始]ボタンを選択してワークアウトを開始します。Blue SCから収集された情報がデバイスに表示され始めます。

ワークアウトの終了 (iOS)

  • ワークアウトを終了するには、赤の[一時停止]ボタンを選択します。
  • 赤の[終了]ボタンと、a) [ワークアウトを破棄] b) [ワークアウトを保存] c) [ワークアウトに戻る] のいずれかを選択します。
  • ワークアウトを終了した場合は、Wahoo Fitnesアプリにワークアウトの概要は表示されません。

ワークアウトの開始 (Android)

  • 必ずBluetoothをオンにし、Blue SC.と通信できる状態にしてください。
  • スライダーを使って、ワークアウトタイプの一覧から実行するワークアウトを選択します。
  • 必要に応じて、鉛筆アイコンを使ってワークアウトを変更します(音声アナウンスを編集するなど)。
  • 緑の「再生」ボタンを選択して、新しいワークアウトを開きます。
  • マグネットがセンサーを通過するまで、後輪またはクランクアームを回転させてBlue SCを起動します。
  • Blue SCがデバイスと同期していることを確認します。デバイスに接続すると、そのワークアウトプロフィールのリンク済みセンサーの一覧が表示され、右端に信号強度が表示されます(ボタンは右上にあります)。
  • 緑の[開始]ボタンを選択してワークアウトを開始します。Blue SCから収集された情報がデバイスに表示され始めます。

注: センサーのファームウェアがバージョンアップデートされている場合は、Wahoo Utilityを使用してアップデートを開始するかどうかを確認するメッセージがWahoo Fitnessアプリに表示されます。バージョンアップしない場合は、後日アップデートできます。ファームウェアをアップデートするには、無料のWahoo Utilityアプリが必要です。Google Paly Storeからダウンロードしてください。

ワークアウトの終了 (Android)

  • ワークアウトを終了するには、赤の[一時停止]ボタンを選択します。
  • [終了]ボタンと、a) [破棄] b) [保存] c) [キャンセル] のいずれかを選択します。
  • ワークアウトを終了する場合は、Wahoo Fitnesアプリにワークアウトの概要は表示されません。

詳細:Wahoo Fitnessアプリの使用方法のページを参照してください。

別のアプリに接続したい場合は?

この製品は多数の他社製アプリと互換性があります。アプリによってセンサーとの接続方法が若干異なります。一般的な方法:互換性のあるアプリのうち、使用したいアプリを開いて設定を調べます。[センサーに接続]または同様のオプションを探します。使用するアプリごとに、各センサーを別々に接続する必要があります。

注: Bluetoothデバイスは、一度に1つのアプリとだけペアリングできます。新しいアプリに接続する前に、センサーを使用している可能性のあるバックグラウンドアプリを必ず終了してください。

デバイスは一度に1つのアプリとだけペアリングできます。新しいアプリに接続する前に、センサーを使用している可能性のあるバックグラウンドアプリを必ず終了してください。

トラブルシューティング

トラブルシューティング

Wahoo Utilityアプリを使用してハードウェアの接続問題のテスト (iOS)

  • Wahoo UtilityアプリをApp Storeからダウンロードします。
  • Wahoo Utilityアプリを開きます。
  • [Bluetooth4.0センサーをテスト]を選択します。Bluetoothがオンになり、デバイスが起動していることを確認してください。
  • [BlueSC/RPM]を選択します。これでWahoo Utilityがセンサーと接続を試みます。
  • これでWahoo Utilityがセンサーに接続し、接続を確認するセンサー情報やファームウェアのバージョンが表示されます。
  • テストが完了したら、Wahoo Utilityアプリを終了してペアリングを解除します。

注: センサーのファームウェアがバージョンアップデートされている場合は、アップデートの開始を確認するメッセージがWahoo Utilityアプリに表示されます。アップデートがリリースされている場合は、適用してセンサーのパフォーマンスを向上させます。

Wahoo Utilityアプリを使用したハードウェア接続問題のテスト (Android)

  • Wahoo UtilityアプリをGoogle Play Storeからダウンロードします。
  • Wahoo Utilityアプリを開きます。[デバイスの検出]が直ちにセンサーデバイスを探します。Bluetoothがオンになり、デバイスが起動していることを確認してください。
  • [BlueSC/RPM]を選択します。これでWahoo Utilityがセンサーと接続を試みます。
  • これでWahoo Utilityがセンサーに接続し、接続を確認するセンサー情報やファームウェアのバージョンが表示されます。
  • テストが完了したら、Wahoo Utilityアプリを終了してペアリングを解除します。

それでも問題がある場合は、

詳細についてサポートまでお問い合わせください。[email protected] Wahoo Fitnessアプリから[設定]>[インフォ+ヘルプ]>[Eメールで問い合わせ]機能を使用する場合は、ご質問に的確にお答えできるよう、ログも添付してください。

設計仕様:

  • 寸法(長さx幅x高さ):8.9x2.5x7.6cm
  • 重量:36 g
  • 電池:CR2032
  • 電池寿命:最大12か月
  • 水深:IPX7(水深1.5 mまで防水)
  • ワイヤレス信号強度:最大3 m
対応アプリ

対応アプリ

Wahoo Fitness
Stravaランニング&サイクリングGPS
Ride with GPS
Map My Ride
Cyclemeter GPS
Map My Fitness
Powered By OneLink