ELEMNTアプリのダウンロード

ELEMNTアプリ

Wahoo Fitness ELEMNTアプリは、ELEMNT RIVAL GPSマルチスポーツウォッチに欠かせない存在です。このアプリを使えば、きめ細かなカスタマイズオプション、詳細なパフォーマンストラッキング、ワークアウトの情報を簡単にシェアできる共有機能などを活用できます。

製品情報

主な機能

あらゆる機能を大幅にシンプルにし、流れを途切れさせることなく優れたパフォーマンスを発揮するマルチスポーツウォッチです。

ELEMNT RIVALマルチスポーツウォッチなら、デバイスに気を取られることなく、自分のパフォーマンスに集中することができます。RIVALは、ELEMNTならではの直感的なオペレーティングシステムを搭載。シンプルなユーザーエクスペリエンスをお届けします。タッチレス トランジション、マルチスポーツ ハンドオーバー、Perfect Viewズームといった独自の機能により、トレーニング中もレース中も、流れを中断することなく、優れたパフォーマンスを提供します。64色スクリーン、セラミックベゼル、Gorilla Glassレンズを採用したELEMNT RIVALは、日常使いの腕時計としても魅力のあるデザイン性と過酷なワークアウトに耐えられる耐久性を併せ持っています。

製品仕様

  • 寸法:46.5 x 46.5 x 15.3mm
  • 表示サイズ:直径1.2インチ (30.4mm)
  • 画面タイプ:色
  • 画面解像度:240 x 240
  • レンズの材質:Gorilla® Glass
  • ベゼルの材質:セラミック
  • ケースの材質:ナイロンポリマー
  • ストラップの材質:シリコン
  • チェストベルトの長さ:10インチ (25.4cm)
  • 手首周り140mm〜240mmの方にフィット
  • 重量:53g
  • 電池:充電式リチウムイオン
  • 電池寿命:スマートウォッチモード:14日間
  • GPSまたはHRモード:最大24時間
  • GPS機能:内蔵
  • 人工衛星対応:GPSおよびGLONASS
  • 水深:5 ATM(最大50m防水)

同梱物

セットアップ

クイックスタートガイド

RIVAL各部の機能

電源オンとセットアップ

ウォームアップが始まり電源がオンになるまで、ELEMNTの左上部にあるボタンを長押します。ウォームアップが終わり起動した時点で、同じボタンを長押しすると、すべてのボタンがロックされ、すばやく押すとバックライトが切り替わります。ELEMNT RIVALの最初のウォームアップ時に表示されるQRコードを使えば、ELEMNTアプリ iOS版またはAndroid版を使ってスマートフォンと簡単にペアリングできます。

注意:ELEMNT RIVALのバッテリーはある程度充電された状態で出荷されますが、最大限に活用するために最初のワークアウトの前に完全に充電してください。

iOSまたはAndroidと接続

ELEMNTアプリを使うと、データをカスタマイズし、詳細なワークアウト履歴を入手して、友人や家族と共有できます。

注意:ライブトラッキングをはじめとする一部の機能には、スマートフォンのELEMNTアプリとのペアリングが必要です。これを踏まえてワークアウトのプランを立てましょう。

iPhoneおよびiOSとのペアリング

  1. Bluetooth®が使用可能であることを確認し、iOS用ELEMNTアプリを開きます。
  2. イントロダクションの後で、[開始]を選択し、ELEMNT RIVALとアプリとのペアリングを行います。
    注意: アプリが最初に開いたら、[設定]ページからのペアリングは完了です。
  3. 手順が表示されたら、カメラへのアクセスを有効にします。ELEMNT RIVALをカメラの前に置いて、QRコードをスキャンします。

    注意:QRコードは、ELEMNT RIVALの電源が最初にオンになった時に表示されます。表示されない場合は、左上のボタンで設定メニューを開き、[システム] > [電話とペアリング]を選択します。

  4. ダイアログボックスが表示されたら、[ペアリング]を選択してペアリングプロセスを完了します

最初のペアリングと優先するリスト(手首)の選択を終えると、ログインページが表示されます。Wahoo Fitnessクラウドに登録またはサインインするか、ご自分のフェイスブックIDを使用して、以下のその他のセットアップに進んでください。

注意: ログインをスキップした場合、データバックアップやデバイス間での同期などの追加機能が表示されます。

  • デバイスのアップデートワークアウトのアップロード、ライブトラッキングは、ELEMNT RIVALをELEMNTアプリと接続したままの状態で行います。
  • Log in to your favorite fitness sites and ELEMNT RIVAL will automatically upload your workouts. または、[次へ]を選択して後日これらを追加します。
  • ELEMNT RIVALで使用する基本プロファイルを入力します。この情報は、カロリーや心拍ゾーンなどの測定基準を計算するために使用されます。または、[次へ]を選択して後日これらを追加します。
  • ライブトラックを有効にすると、近くのワフーリガンが表示されます(近くのワフーリガンに自分の位置を知らせます)。友人や家族がオンラインで位置を確認できるよう、ライブトラックリンクを共有できます。
  • ワークアウトを開始した時に、ライブトラックで自動的に現在位置を共有することも可能です。Eメールで受信者を追加して続けるか、[次へ]を選択してスキップします。

その他のセンサーを追加することもできます。ELEMNT RIVALを装着したら、さっそく走り始めましょう。

Androidとのペアリング

  1. Bluetooth®と位置情報サービスがオンになっていることを確認し、Android版ELEMNTアプリを開きます。
  2. イントロダクションの後で、[開始]をタップしてELEMNT RIVALとアプリとのペアリングを行います。
    注意: アプリが最初に開いたら、[設定]ページからのペアリングは完了です。
  3. 手順が表示されたら、カメラへのアクセスを有効にします。ELEMNT RIVALをカメラの前に置いて、QRコードをスキャンします。

    注意:QRコードは、ELEMNT RIVALの電源が最初にオンになった時に表示されます。表示されない場合は、左下のボタンで設定メニューを開き、[システム] > [電話とペアリング]を選択します。

  4. ダイアログボックスが表示されたら、[ペアリング]を選択してペアリングプロセスを完了します

最初のペアリングと優先するリスト(手首)の選択を終えると、ログインページが表示されます。Wahoo Fitnessクラウドに登録またはサインインするか、ご自分のフェイスブックIDを使用して、以下のその他のセットアップに進んでください。

注意: ログインをスキップした場合、データバックアップやデバイス間での同期などの追加機能が表示されます。

  • デバイスのアップデートワークアウトのアップロード、ライブトラッキングは、ELEMNT RIVALをELEMNTアプリと接続したままの状態で行います。
  • Log in to your favorite fitness sites and ELEMNT RIVAL will automatically upload your workouts. または、[次へ]を選択して後日これらを追加します。
  • ELEMNT RIVALで使用する基本プロファイルを入力します。この情報は、カロリーや心拍ゾーンなどの測定基準を計算するために使用されます。または、[次へ]を選択して後日これらを追加します。
  • ライブトラックを有効にすると、近くのワフーリガンが表示されます(近くのワフーリガンに自分の位置を知らせます)。友人や家族がオンラインで位置を確認できるよう、ライブトラックリンクを共有できます。
  • ワークアウトを開始した時に、ライブトラックで自動的に現在位置を共有することも可能です。Eメールで受信者を追加して続けるか、[次へ]を選択してスキップします。

その他のセンサーを追加することもできます。ELEMNT RIVALを装着したら、さっそく走り始めましょう。

ELEMNT RIVALの装着

心拍数測定の精度を最大限に高めるには、ウォッチは手根骨から離れた場所に着けます。しっかりとストラップを締め、時計の位置がズレないようにしてください。RIVALは、きついと感じたり、血流が滞ったりしない程度のゆとりを持たせつつ、ストラップと手首の間に指が入らないくらいにぴったりとフィットするように装着してください。

ELEMNT RIVALの使用

ELEMNTアプリでRIVALをカスタマイズ

ELEMNTアプリ

ELEMNT RIVALは、お好みに合わせて何通りにもカスタマイズできます。ELEMNTアプリでカスタマイズ可能なアイテムは以下の通りです。

ワークアウトページ

センサーの追加、屋内走行への切り替え、現在位置の共有をすばやく行えます。

ワークアウト中、ELEMNT/BOLT/ROAMに接続している場合は、走行状況をマップ上で追跡でき、ライブの走行概要が詳細とともに下に表示されます。

センサーのペアリング:

タップしてセンサーページにアクセスすると、新しいセンサーの追加、保存されたセンサーの検索、名前の変更、既存のセンサーの削除を実行できます。詳細については、ELEMNTセンサーペアリングガイドをご覧ください。

走行の種類*:

スマートトレーナーで使用する[屋内]モードへの切り替えについては、ELEMNT KICKRおよびSNAPコントロールガイドを参照してください。

*KICKRまたは互換性のあるその他のトレーナーが接続されている場合のみ使用できます。

ライブトラックリンクの共有:

現在位置を友人や家族と共有するには、リンクを送信します。詳細については、ライブトラッキングガイドをご覧ください。

注意: ライブトラッキングを使用するには、携帯電話とペアリングし、インターネット接続と位置情報サービスが有効になっている必要があります。

履歴ページ

総走行距離や完了したワークアウトを確認できます。ワークアウトを選択して詳細データや統計を表示し、編集アイコン(iOS)または縦向きの3つのドット(Android)を押して名前の変更や削除を実行します。

ワークアウトの自動アップロード:

デフォルトでは、RIVALに記録されたワークアウトの自動アップロードは行われず、サードパーティ製アプリにアップロードされる前に、ワークアウトの内容を確認したり、トランジションを編集したりできるようになっています。When enabled on the Settings page, workouts upload automatically to connected services. 詳細と手順については、自動アップロードについてをご覧ください。

ワークアウトの削除または名前の変更:

  • iOS:複数のワークアウトを選択して削除するには、左上の編集をタップします。名前の変更や削除を個別に実行するには、ワークアウトを長押ししてワークアウトの編集を選択します。
  • Android: 複数のワークアウトを削除するには、ワークアウトを長押しします。名前の変更や削除を個別に実行するには、ワークアウトをタップしてから右上の縦に3つ並んでいるドットをタップします。

プロフィールページ

Wahooアカウントへのログインのほか、第三者のサービスへの接続、個人情報の編集、パワーおよび心拍ゾーンの変更を行えます。

自分の情報(Wahooクラウドサインイン):

Wahooクラウドにサインインすると、お気に入りのサイトやサービスへの自動アップロードの有効化、クラウドからのプロフィール情報の入力、Wahooアプリ間のワークアウトデータの同期、他社サービスとのルートの同期などを行えます。このセクションを使用して、身長、体重、性別などの情報を入力すると、消費カロリーや心拍ゾーンなどのフィットネス計算を個人用に設定できます。

アプリ/接続アプリの承認:

Wahooクラウドにログインしたら、タップして他社サービスにリンクするかサービスを承認して、ワークアウトの自動アップロードルートの同期を実行できます。

パワーゾーン:

デフォルトを使用するか、個人の機能的体力しきい値(FTP)を入力してパワーゾーンをカスタマイズします。

心拍ゾーン:

計算されたデフォルト値を使用するか、自分に合わせて心拍ゾーンをカスタマイズします。

設定ページ

ウォッチフェイス

ELEMNTアプリでRIVALをカスタマイズしましょう。このメニューアイテムは、[設定]タブにあります。

ウォッチフェイス スキン:

現在、ELEMNT RIVALには複数のウォッチフェイスが用意されています。好きなウォッチフェイスをクリックすると、すぐに反映されます。

アクセントカラー:

ウォッチUIのアクセントカラーはこちらのメニューから選択します。

ウィジェットの管理:

ウィジェットとして表示するワークアウト指標を切り替えることができます。このメニューを使って、毎日の目標と週間目標を設定することもできます。

24時間/週7日のマイデータ

ELEMNT RIVALは、1日の歩数と心拍数を記録します。これらの機能をオフにすると、バッテリー駆動時間が長くなります。

ズーム/ビューボタンのレイアウト

ワークアウトページ、ウィジェット、ラップリストをワークアウト中に見やすいように、好みに合わせてELEMNT RIVALのボタンレイアウトをカスタマイズすることができます。

ワークアウト プロファイル

ワークアウト プロファイルを選択し、ページのカスタマイズ、詳細データの表示、GPS・心拍数・自動一時停止・自動ラップの切り替えを行います。ワークアウト プロファイルの名前を変更したり、削除するには、iOSでは[編集]を、Androidでは、縦に3つのドットが並ぶメニューボタンをタップします。

センサー

センサーに接続して強力なフィットネスデータを記録します。

  • センサーの設定:

    TICKR心拍モニターRPMスピード・ケイデンス、パワーメーターなどのセンサーを追加すると、ワークアウト中にデータを収集して表示できます。センサーの追加や削除については、ELEMNTセンサーペアリングガイドをご覧ください。

  • 平均ケイデンス/パワーにゼロを含める:

    このオプションのいずれかを無効にすると、走行中にペダリングを止めた時間が平均ケイデンスや平均パワーの計算に含まれません。

アラート

  • メッセージの表示:

    アプリに接続している場合、ワークアウト中にメッセージやEメール(iOSのみ)をRIVALに表示するかどうかを切り替えます。詳細については、ELEMNTアラートおよび通知をご覧ください。

  • 通話の表示:

    ELEMNTアプリに接続している場合、ワークアウト中に通話の着信をRIVALに表示するかどうかを切り替えます。

  • Eメールの表示:

    ELEMNTアプリに接続している場合、ワークアウト中にEメールをRIVALに表示するかどうかを切り替えます。

  • ライブトラック

    ライブトラックを有効にすると、自分の位置情報を他の人と共有できます。要件と詳細については、ライブトラックガイドを参照してください。

    ワークアウトの自動アップロード

    デフォルトでは、RIVALに記録されたワークアウトの自動アップロードは行われず、サードパーティ製アプリにアップロードされる前に、ワークアウトの内容を確認したり、トランジションを編集したりできるようになっています。When enabled on the Settings page, workouts upload automatically to connected services. 詳細と手順については、自動アップロードについてをご覧ください。

    情報

    ELEMNTアプリとRIVALファームウェアのバージョン、または法的帰属を確認できます。

ワークアウトの実行

ワークアウトの開始:

  • 左上部のボタンを長押しして、ELEMNT RIVALをオンにします。
  • オプション:ELEMNTアプリとペアリングして、ライブトラッキングや通知などの機能を有効にします。これらの機能を継続して使用するには、携帯電話を身につけたままにします。
  • 右側中央のボタンを押してから、右上と右下のボタンを使って、ワークアウトのタイプを選択します。
  • 使用するワークアウトがハイライト表示されたら、右側中央のボタンを押して確定し、さらに、使用したい指標とセンサーが表示されたら確定します。右側中央のボタンをもう一度押すと、ワークアウトが開始されます。
  • 注意:近くにある保存済みのセンサーが有効になっている時は、自動的に接続しますが、初期化した後はペアリングに少し時間がかかる場合があります。屋外で正確にトラッキングするには、緑色のアウターリングの表示をチェックし、GPSに完全に接続されていることを確認してから、ワークアウトを開始します。

ワークアウト中:

ELEMNTは、気温、斜度、速度、場所のほか、接続済みのセンサーからその他のデータを記録します。

ワークアウト中は、以下の機能を使用できます。

  • 新しいラップを開始する場合は、右上のボタンを押します(時間あるいは距離による自動ラップは、ELEMNTアプリの[設定]メニューでアクセス可能)。
  • ワークアウトの記録を一時的に停止する場合は、右側中央のボタンを押します。
  • 表示されたワークアウトページを切り替えて、時計を表示するには、下部にある[ページ]ボタンを押します。
  • 表示された電話の通知を消去するには、左下のボタンを使用します。
  • KICKRあるいはSNAPとペアリングすると、接続されていれば、KICKRコントロールの新しいページが使用可能になります。

ワークアウトの終了:

  1. ワークアウトを一時停止するには右側中央のボタンを押し、終了するには右上のボタンを押します。
  2. 終了を確定する場合は[終了]を選択し、ワークアウトを一時停止のままにするには[キャンセル]を選択します。終了すると、同じボタンで、ワークアウトの[保存]または[削除]を選択できます。

下部のボタンでページを切り替えると、ワークアウトのデータをすぐにチェックできます。さらに詳しい情報は、アプリの[履歴]ページで確認できます。

第三者のアプリとサービスに接続

ワークアウトのデータをこれらのサービスと共有して詳細な分析をチェックしたり、他のライダーとつながったりすることで、より効率的なトレーニングを行えます。

  • Strava
  • TrainingPeaks
  • MapMyFitness
  • Today’s Plan
  • RideWithGPS
  • Komoot
  • Best Bike Split
  • SportTrack
  • Dropbox
  • その他多くのサービス!

承認済みのアプリやサービスに接続して管理するには、ELEMNTアプリでプロフィールメニューにアクセスします。

その他の機能と重要事項

ELEMNT RIVALの充電:

  1. 付属のUSBケーブルを使用して、ELEMNT RIVALを充電します。ELEMNT RIVALの推定駆動時間は、ウォッチモードで14日間、GPSモードで24時間です。
  2. まず、付属のUSBケーブルの充電端子から遠い側にウォッチを合わせてから、充電端子側を押し込み、ウォッチをクリップにパチンとはめ込んで固定します。
  3. 付属のUSBケーブルを適切な電源に接続して充電します(例:コンピュータのUSBポート。ACアダプターと併用する場合は壁コンセント)。
  4. Apple社のAC充電アダプターは使用しないでください。フル充電ができない可能性があります。
  5. フル充電が終わったら、USBケーブルからRIVALを取り外します。
  6. バッテリーを節約するためのヒントについては、ELEMNT RIVALバッテリーのヘルプをご覧ください。

注意: デバイスの性能を最大化してバッテリーの寿命を伸ばすために、常にフル充電してください。充電ポートとその周辺が濡れたり汚れたりした場合は、きれいにして乾燥させます。湿気や破片を取り除いてから、電源に接続するようにしてください。使用方法が適切でない場合、腐食や装置の不具合が発生することがあります。

複数の自転車とセンサーを接続:

同タイプの複数のセンサーがELEMNT RIVALに一度に接続されている場合、接続が最も良好なセンサーからのデータのみ(通常は最も近いセンサー)が使用されます。1つのセンサーが機能しなくなった場合は、ELEMNT RIVALが次に接続が良好なデータソースに自動的に切り替えてデータを受信します。ELEMNT RIVALは、各データタイプに対して、ペアリングされている最も近くのセンサーからのデータのみを使用するため、1つのELEMNT RIVALに複数の自転車やその他デバイスをペアリングしてあっても問題ありません。

トラブルシューティング:

その他のヘルプ、機能の説明、高度なトラブルシューティングについては、広範囲な内容をカバーした使いやすいELEMNT RIVALサポートハブを参照するか、サポートチームまでご連絡ください。いつでも対応いたします。

その他にご質問がある場合は、support.wahoofitness.comにアクセスして、追加のサポートをご利用ください。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink