3~5日配送 送料無料(12,000円以上のご注文)

ELEMNT GPSサイクルコンピュータを使うと、Wahooのフィットネスサイエンスクラウドを活用して、

ハンドルで生成されたデータをパフォーマンスの向上に役立てることができます。

使いやすいデザインのELEMENTは、カスタマイズ可能なデータフィールド、パフォーマンストラッキング、

簡単な走行データシェアリングなどの機能を搭載しています。最高の接続性を提供するこのサイクルコンピュータを使うと、毎回手応えのある走行を行えます。

ELEMNTアプリのダウンロード

ELEMNTコンパニオンアプリ

ELEMNT GPSサイクルコンピュータのWahoo Fitness ELEMNTコンパニオンアプリを使うと、さまざまなカスタマイズオプション、詳細なパフォーマンストラッキング、簡単な走行データシェアリング機能などを利用できます。

製品情報

主な機能

Wahoo FitnessはこれまでのGPSサイクルコンピュータを大きく変えます!ELEMNTはBluetooth SmartとANT+デュアルバンドテクノロジーを搭載しているため、シームレスなペアリングがすべてのサイクリングセンサーで可能です。複雑なメニューを操作する必要はありません!ELEMNTには無料のコンパニオンアプリが付いており、データフィールドのセットアップ、プロフィールのカスタマイズ、パフォーマンスの記録、走行データの共有を簡単に行えます。また、プログラム可能なLED QuickLookインジケータで、速度、ケイデンス、パワーなどの重要なパフォーマンス基準に沿った走行を確認できます。セットアップ、体験、接続、操作、そして激しいトレーニングが簡単にできるELEMNT GPSサイクルコンピュータは、簡単な操作で強力な機能を提供します!

ボーナス! コンパニオンアプリでELEMNTを登録すると、提携会社が提供する素晴らしいオファーをご利用いただけます。

ELEMNTは市場で最も統合されたGPSサイクルコンピュータです。非常に多くのハードウェアとスマートフォンアプリをサポートしています。

製品仕様

  • パーツ番号:WFCC1
  • 寸法:57.5mm x 90.5mm x 21.2mm
  • 表示サイズ:68.6mm
  • 重量:約99.2g
  • 電池:USB充電式
  • 電池寿命:最大16時間
  • 防水性:IPX7(水深1.5mまで防水)
  • 耐衝撃性:はい
  • 人工衛星対応:GPS、GLONASS、BEIDOU Galileo、QZSS
  • 動作温度: -20°C~50°C

同梱物

  • ELEMNT GPSサイクルコンピュータ
  • 標準型マイクロUSBケーブル
  • 自転車用マウント x 3:アウトフロント、エアロバー、ステム
  • クイックスタートガイド
  • 重要な製品情報ガイド

セットアップ

クイックスタートガイド

ELEMNTを詳しくみる

メニューと電源ボタン(左側のボタン):

デバイスの左上にあるこのボタンは、デバイスがオンの状態で素早く押すと[設定]メニューを表示し、5秒間押し続けると電源をオン/オフすることができます。メニューページからセンサーを追加するには、好きな時にメニューを素早くタップして[センサーを追加]を選択します。

スマートボタン(下列のボタン):

下列にあるボタンは、それぞれ上に表示された機能を使用するためのスマートボタンです。

情報ズームボタン(右側ボタン):

このユニットの右側には情報ズームボタンがあり、ワークアウト中に最上フィールドを拡大表示したり、縮小表示でより多くのデータを見ることができます。設定メニューではこのボタンで表示を上下に移動することができます。

LEDインジケータ:

ELEMNTのLEDは、スピード、心拍数、パワー、ターンバイターンの進路など、重要なパフォーマンス基準への素早いアクセスを提供します。LEDとサウンドのスタマイズについての詳しい説明は、ELEMNTライトおよびサウンドガイドに記載されています。

  • サイドのLEDは、スピード、パワー、または心拍数を表示するように設定できます。中央のLEDは、ワークアウトの平均パフォーマンスを表示します。上側のLEDは平均以上のパフォーマンスを示し、下側のLEDは平均以下のパフォーマンスを示します。
  • 上部のLEDは、通知のために使用され、ページを切り替えた時にどのページにいるのかを示します。

電源オンとセットアップ

ウォームアップが始まり電源がオンになるまで、ELEMNTの左側のボタンを長押します。電源をオフにするには、ウォームアップと起動に使った同じボタンを使用します。タップして設定メニューを開き、心拍数ケイデンス速度をモニターするセンサーを追加します。ELEMNTの最初のウォームアップ時にQRコードが表示され、ELEMNTコンパニオンアプリ(iOS用)または(Android用)を使ってスマートフォンと簡単にペアリングできます。

注意:ELEMNTのバッテリーは50%充電された状態で出荷されますが、最大限に活用するために最初のワークアウトの前に完全に充電してください。

iOSまたはAndroidと接続

データをカスタマイズし、ワークアウト履歴の詳細を入手して、ELEMNTコンパニオンアプリを使って友人や家族と共有できます。

アプリは、ライブトラッキングTake Me Anywhereルートのインポートなどの機能をサポートしています。状況に合わせて走行を計画してください。

iPhoneおよびiOSとのペアリング

  1. Bluetooth®が使用可能であることを確認し、iOS用ELEMNTコンパニオンアプリを開きます
  2. 解説動画の後で、[開始]を選択し、ELEMNTをアプリにペアリングします
  3. 注意: アプリが最初に開いたら、[設定]ページからのペアリングは完了です
  4. 手順が表示されたら、カメラへのアクセスを有効にします。ELEMNTをカメラの前に置いて、QRコードをスキャンします。
    • iOSのカメラに汚れが付着していないこと、ELEMNTに焦点がぴったりと合っていることを確認してください
    • ELEMNTの画面の反射ごみの付着を防いでください

    注意:QRコードは、ELEMNTの電源が最初にオンになった時に表示されます。表示されない場合は、左上のボタンで設定メニューを開き[電話とペアリング]を選択します

  5. メッセージが表示されたら、[ペアリング]を選択してペアリングプロセスを完了します。問題が発生した場合は、「ペアリングのヘルプとトラブルシューティング」を参照してください

最初のペアリング後に、ログインページが表示されます。Wahoo Fitnessクラウドに登録またはサインインするか、ご自分のフェイスブックIDを使用して、以下のその他のセットアップに進んでください。注意: ログインをしない場合は、データのバックアップ、ワークアウトの同期などの機能が無効になります。

  • ELEMNTをWifiネットワークに接続して、デバイスのアップデート走行記録のアップロード地図のダウンロードルートの読み込みを行います。
  • お気に入りのフィットネスサイトにログインすると、ELEMNTが走行データの自動アップロードWiFi経由で開始します。または、[次へ]を選択して後日これらを追加します。
  • ELEMNTで使用する基本プロフィールを入力します。この情報は、カロリーや心拍ゾーンなどの測定基準を計算するために使用されます。または、[次へ]を選択して後日これらを追加します。
  • ライブトラックを有効にして、近くのライダーを表示します(近くのライダーに自分の位値を知らせます)。友人や家族がオンラインで位置を確認できるよう、ライブトラックリンクを共有できます。
  • 走行を開始する時に、ライブトラックで自動的に現在位置を共有することも可能です。Eメールで受信者を追加して続けるか、[次へ]を選択してスキップします。

その他のセンサーを追加したり、ELEMNTをハンドルに取り付けて走行を開始してください!

Androidとのペアリング

  1. Bluetooth®と位置情報サービスが使用可能であることを確認し、Android用ELEMNTコンパニオンアプリを開きます。
  2. 解説動画の後で、[開始]をタップしてELEMNTをアプリにペアリングします
  3. 注意: アプリが最初に開いたら、[設定]ページからのペアリングは完了です
  4. 手順が表示されたら、カメラへのアクセスを有効にします。ELEMNTをカメラの前に置いて、QRコードをスキャンします。
    • Androidのカメラに汚れが付着していないこと、ELEMNTに焦点がぴったりと合っていることを確認してください
    • ELEMNTの画面の反射ごみの付着を防いでください

    注意:QRコードは、ELEMNTの電源が最初にオンになった時に表示されます。表示されない場合は、左上のボタンで設定メニューを開き[電話とペアリング]を選択します

  5. メッセージが表示されたら、[ペアリング]を選択してペアリングプロセスを完了します。問題が発生した場合は、「ペアリングのヘルプとトラブルシューティング」を参照してください

最初のペアリング後に、ログインページが表示されます。Wahoo Fitnessクラウドに登録またはサインインするか、ご自分のフェイスブックIDを使用して、以下のその他のセットアップに進んでください。注意: ログインをしない場合は、データのバックアップ、ワークアウトの同期などの機能が無効になります。

  • ELEMNTをWifiネットワークに接続して、デバイスのアップデート走行記録のアップロード地図のダウンロードルートの読み込みを行います。
  • お気に入りのフィットネスサイトにログインすると、ELEMNTが走行データの自動アップロードWiFi経由で開始します。または、[次へ]を選択して後日これらを追加します。
  • ELEMNTで使用する基本プロフィールを入力します。この情報は、カロリーや心拍ゾーンなどの測定基準を計算するために使用されます。または、[次へ]を選択して後日これらを追加します。
  • ライブトラックを有効にして、近くのライダーを表示します(近くのライダーに自分の位値を知らせます)。友人や家族がオンラインで位置を確認できるよう、ライブトラックリンクを共有できます。
  • 走行を開始する時に、ライブトラックで自動的に現在位置を共有することも可能です。Eメールで受信者を追加して続けるか、[次へ]を選択してスキップします。

その他のセンサーを追加したり、ELEMNTをハンドルに取り付けて走行を開始してください!

マウントとロック

アウトフロントマウントの取り付け:

延長ワンピースマウントのアウトフロントマウントは、2.5ミリのアレンボルトで固定されます(アレンキーは付属していません)

  1. まず、アレンボルトを緩めるか取り外して、アウトフロントマウントをハンドル上でスライドさせます。
  2. Wahooのロゴが上向きかつシート方向に向いた状態でマウントを位置決めします。
  3. ボルトを交換して完全に締め付けます。マウントがしっかり固定されていることを、乗る前に必ず確認するようにしてください。

エアロバーマウントの取り付け:

エアロバーマウントは直角のワンピースマウントで、2.5ミリのアレンボルトで固定されます(アレンキーは付属していません)

  1. まず、アレンボルトを緩めるか取り外して、エアロマウントをエアロバー上にスライドさせます。
  2. Wahooのロゴが上向きかつシート方向に向いた状態(あるいは右のエアロバーに固定される場合は離れる向き)で、マウントの位置を決めます。
  3. ボルトを交換して完全に締め付けます。マウントがしっかり固定されていることを、乗る前に必ず確認するようにしてください。

ステムマウントの取り付け:

    ステムマウントはステムあるいはハンドルに取り付けられ、以下で構成されています。

  • プラスチックのステムマウント
  • ゴム製マウントインサート
  • 結束バンド4本(予備2本)
  1. ゴム製マウントインサートが、プラスチックのステムマウントに対してぴったりと取り付けられていることを確認してください。
  2. ステムマウントとゴム製インサートアセンブリを、ゴムの側を下、Wahooロゴを上にしてシートに向くようにし、自転車のステムまたはハンドルバー上に配置します
  3. 2本の結束バンド(付属品)をマウントの穴に通して、自転車にしっかりと固定します。
  4. 完全に固定されたら、余分なバンドの端をカットします。マウントがしっかり固定されていることを、乗る前に必ず確認するようにしてください。

ELEMNTの取り付け:

マウントがハンドルに固定されたら、ELEMNTをマウント用の溝にはめ込み、右に回してロックします。取り外すには、左に回して持ち上げます。

ELEMENTを使用する

コンパニオンアプリを使ったライドとカスタマイズ

ELEMNTコンパニオンアプリ

ELEMNTコンパニオンアプリとのペアリングは、ELEMNTのほとんどの機能の設定と使用に必要です。以下の各アプリページをご確認ください。特定の機能については「ELEMNT機能ガイド」を参照してください。

走行メニュー

センサーの追加、屋内での走行への切り替え、ルートあるいは計画的なワークアウトの選択、現在位置の共有、走行マップの表示を行えます。

ワークアウト中の走行状況はマップ上で追跡され、ライブの走行概要が詳細とともに下に表示されます。

センサー(センサーの設定):

センサーページに素早くアクセスするには、センサー(あるいは[センサーの設定])を選択します。ここでは新しいセンサーの追加、名前の変更、既存のセンサーの削除を行えます。詳細については、ELEMNTセンサーペアリングガイドをご覧ください。

場所:

スマートトレーナーで使用する[屋内]モードへの切り替えについては、ELEMNT KICKRおよびSNAPコントロールガイドを参照してください。

ルート:

ルートを使うと、ナビゲーションを簡単に行えます。ルートの使用については、ELEMNTルートガイドをご覧ください。

計画的なワークアウト:

ワークアウトをあらかじめ作って、Training PeaksやToday's Planで個人コーチングが利用できます。詳細については、計画的なワークアウトガイドをご覧ください。

ライブトラッキングリンクの共有:

走行中の現在位置を友人や家族と共有するには、リンクを送信します。詳細については、ライブトラッキングガイドをご覧ください。

注意: ライブトラッキングを使用するには、携帯電話とペアリングし、インターネット接続と位置情報サービスが有効になっている必要があります。

結果メニュー

完了したワークアウトの概要を確認できます。ワークアウトを選択すると、詳細データと統計が表示されます。

ワークアウトの自動アップロード:

ワークアウトは、WiFiを介して、接続されたサービスに自動的にのアップロードされます。詳細と手順については、自動アップロードについてをご覧ください。

ワークアウトの削除または名前の変更:

  • iOS:ワークアウトを個別に削除するには、左にスワイプします。複数ワークアウトを削除する場合は[編集]を選択します。[ワークアウトの編集]を長押しして選択すると名前を変更できます。
  • Android: ワークアウトを長押しすると、[名前の変更][完全に削除][削除して再同期]の各オプションにアクセスできます。

プロフィールメニュー

Wahooアカウントへのログインのほか、第三者のサービスへの接続、個人情報の編集、パワーおよび心拍ゾーンの変更を行えます。

Wahooクラウドへのサインイン:

Wahooクラウドで、ワークアウトデータの自動アップデート、バックアップ、同期が可能です。

リンク済みアカウント:

第三者のサービスとリンクし、許可することで、ワークアウトの自動アップロードルートの同期を行えます。

自分のデータ:

身長、体重、性別など、自分の詳細データを入力して、消費カロリーや心拍ゾーンといった個別のフィットネス計算ができます。

パワーおよびFTP:

デフォルトを使用するか、あるいは個人の機能的体力しきい値(FTP)を入力してパワーゾーンをカスタマイズします。

心拍ゾーン:

計算されたデフォルト値を使用するか、自分に合った心拍ゾーンをカスタマイズします。


設定メニュー

センサー&データ:

表示されたページとデータのカスタマイズ、センサーの追加や削除、LEDとサウンドをいつ使用するかを選択します。

位置情報と地図

自分の現在地を誰かに送ったり、地図を最新版に保ったり、地図の向きを変更したりします。

  • ライブトラック:

    走行中に現在位置を友人や家族に送信するには、ライブトラッキングをオンにします。詳細については、ライブトラックガイドをご覧ください。

  • 地図の管理:

    お使いのELEMNTで地図を追加、削除、アップデートします。手順と詳細については、ELEMNT地図ガイドをご覧ください。

    注意: 地図をダウンロードしてアップデートするにはWiFiが必要になりますので、最高の体験を得るため、必ず出発前に地図をダウンロードしてください。

  • 常に地図を回転:

    有効になっている場合、ELEMNTの地図は進行方向がディスプレイの上側になるよう回転します。無効になっている場合は、地図は常に北を上にして表示されます。

走行:

ワークアウト中に表示を切り替えます。

  • 自動一時停止:

    自動一時停止機能を使うと、休止中にワークアウトデータが記録されません。デフォルトではオンになっています。活動が検知されると、自動的にワークアウトが再開します。これを無効にすると、ワークアウトデータは常に記録されます。

  • 自動ラップ:

    自動ラップ機能を使うと、ある特定の距離や時間が過ぎた時点で、新しいラップを開始するように設定できます。デフォルトではオフになっています。

  • バックライト:

    バックライトは、デフォルトでは5秒後に消えます。見えやすくするために常に[オフ]あるいは[オン]に設定します。バックライトのタイムアウトは変更が可能です。

  • 平均ケイデンス/パワーにゼロを含める:

    平均ケイデンスとパワーの計算に、受信したケイデンスあるいはパワーがゼロだった期間を含めないよう設定できます。デフォルトではオフになっています。

  • 体系的なワークアウト

    計画的なワークアウトの使用中に設定をカスタマイズします。

WiFi:

ELEMNTで直接WiFiを設定して、自動アップロードファームウェアアップデートの受信、地図のアップデート複数ルートの同期を使用できます。

  • WiFiネットワーク:

    ネットワークを選択してパスワードを入力します。詳細、限定事項、トラブルシューティングについては、ELEMNTをWiFiに接続をご覧ください。

  • 自動アップロード:

    ELEMNTがWiFiに接続されたとき、完了した走行を許可したサービスへと自動アップロードする際に、個別にアップロードするか、または全体をアップロードするかを切り替えます。

その他の設定:

  • アラート:

    アプリが接続されている場合に、ELEMNT上に、電話、メッセージ、Eメール(iOSのみ)を表示させるかを切り替えます。応答不可を使って、特定の時間にアラートを無効にできます。詳細については、ELEMNTアラートおよび通知をご覧ください。

  • 構成:

    活動が一定の期間なかった場合に自動シャットダウン機能を有効にすると、バッテリーを節約できます。

  • 情報:

    ELEMNTおよびコンパニオンアプリのバージョンを参照するか、法的帰属をご覧ください。

ワークアウトの実行

ワークアウトの開始:

  1. 左側のボタンを長押しして、ELEMNTをオンにします。
  2. オプション:ELEMNTコンパニオンアプリとペアリングして、ライブトラッキングや通知などの機能を有効にします。これらの機能を継続して使用するには、携帯電話を身につけたままにします。
  3. オプション:[ページ]ボタンを押して地図を表示すると、走行中に使用するインポートしたルートを選択できます。
  4. オプション:[設定]にアクセスするには、左側のボタンを素早く押し、[計画的なワークアウト]までスクロールして、計画的なワークアウトを選択します。
  5. オプション:[設定]にアクセスするには、左側のボタンを素早く押し、[屋内]までスクロールして、KICKRあるいはSNAPとペアリングします。
  6. [開始]ボタンを押してワークアウトを開始します。
  7. 開始すると、保存された近くのセンサーが自動的に接続します。

ワークアウト中:

ELEMNTは、気温、斜度、速度、場所のほか、接続済みのセンサーからその他のデータを記録します。

ワークアウト中は、以下の機能を使用できます。

  • 新しいラップを開始する場合は、[ラップ]を押します(時間あるいは距離による自動ラップは、コンパニオンアプリの[設定]メニューでアクセス可能)。
  • ワークアウトの記録を一時的に停止する場合は、[一時停止]を押します。
  • 表示されたワークアウトページを変更あるいは地図を表示するには、[ページ]を押します。
  • ELEMNTの右側にあるボタンを使って、ページに表示されたデータをズームイン/ズームアウトします。
  • 電話の通知が届いたら、左側のボタンを使用して表示します。
  • KICKRあるいはSNAPとペアリングすると、KICKRコントロールの新しいページを使用できます。

ワークアウトの終了:

  1. ワークアウトを一時停止するには[一時停止]を押し、終了するには[終了]を押します。
  2. 終了を確定する場合は[はい]、走行を一時停止にする場合は[いいえ]を選択します。[削除]を選択すると、ワークアウトの記録が削除されます。

ELEMNTで[履歴]を押すと、ワークアウトのデータをすぐに利用できます。またはアプリに接続して、その他の詳細を確認できます。

第三者のアプリとサービスに接続

走行とワークアウトのデータをこれらのサービスと共有して詳細な分析を表示し、他のライダーとつながることで、より効率的なトレーニングを行えます。

  • Strava
  • TrainingPeaks
  • MapMyFitness
  • Today’s Plan
  • RideWithGPS
  • Komoot
  • Best Bike Split
  • SportTrack
  • Dropbox
  • その他多くのサービス!

リンクされているアカウントに接続して管理するには、ELEMNTアプリの[プロフィール]メニューにアクセスします。

その他の機能と重要事項

ELEMNTの充電:

  1. 付属のUSBまたは同等のUSBケーブルを使用して、ELEMNTを充電します。ELEMNTは1回の充電ごとに16時間作動します。
  2. ELEMNTの充電ポートを覆っているシリコンダストキャップをゆっくりと外します。
  3. マイクロUSBケーブルのコンセントを充電ポートに差し込みます。
  4. マイクロUSBケーブルを適切な電源に接続して充電します(例:コンピュータのUSBポート。ACアダプターと併用する場合は壁コンセント)。
  5. Apple社のAC充電アダプターは使用しないでください。フル充電ができない可能性があります。
  6. フル充電が終わったら、マイクロUSBケーブルを充電ポートから外します。
  7. シリコン製ダストキャップを再度取り付けて、埃や湿気が入らないようにきちんと閉じます。
  8. バッテリーを節約するためのヒントについては、ELEMNTバッテリーのヘルプとヒントをご覧ください。

注意: デバイスの性能を最大化してバッテリーの寿命を伸ばすために、常にフル充電してください。充電ポートとその周辺が濡れたり汚れたりした場合は、きれいにして乾燥させます。湿気や破片を取り除いてから、電源に接続するようにしてください。使用方法が適切でない場合、腐食や装置の不具合が発生することがあります。

複数の自転車とセンサーを接続:

同タイプの複数のセンサーがELEMNTに一度に接続されている場合、最も良好な接続のデータ(通常は最も近いセンサー)のみが使用されます。1つのセンサーが機能しなくなった場合は、ELEMNTが自動的に次に良好なデータソースに切り替えてデータを受信します。ELEMNTは、各データタイプに対して、最も近いペアリングされたセンサーからのデータのみを使用するため、1つのELEMNTに複数の自転車のセンサーをペアリングすることができます。

温度測定:

ELEMNTはワークアウト中に気温を測定しますが、稀に、周囲の実際の気温とは異なる温度が表示されることがあります。これは、デバイスが直射日光に当たっているとき、外部バッテリーから充電しているとき、急な気温の変化が起きたときなどに起こります。

トラブルシューティング:

セットアップのヘルプ、機能の説明、高度なトラブルシューティングについては、広範囲な内容をカバーした使いやすいELEMNTクイックヘルプガイドを参照するか、またはサポートチームまでご連絡ください。いつでも対応いたします。

その他にご質問がある場合は、support.wahoofitness.comにアクセスして、追加のサポートをご利用ください。

Powered By OneLink