Wahoo スピードセンサーを使用すると、iOSとAndroidのスマートフォンはもちろん、GPSサイクルコンピュータでも速度を追跡、モニタリングできます。

Wahooのアプリをダウンロード

Wahoo Fitnessアプリ

Wahoo Fitnessアプリを使えば、ランニング、サイクリング、その他のワークアウト時にスマートフォンでデータをうまく活用しながら、トレーニングやフィットネスの目標を達成することができます。

製品情報

デバイスの互換性


Apple iOS

RPMケイデンスセンサーは、iOS 11以降で動作するAppleデバイスと連係するよう設計されています。Apple デバイスのiOS バージョンを確認するには、iPhone、iPad、またはiPodでソフトウェアバージョンを確認します


Android

RPMケイデンスセンサーは、Androidバージョン6以降を搭載したBluetooth®対応のAndroidデバイスをサポートするWahoo Fitnessアプリと連係するよう設計されています。

注意: 非常に様々なAndroidデバイスがあるため、すべてのデバイスについて互換性を保証できません。購入する前に、Google Play StoreからWahoo Fitness Androidアプリをダウンロードし、お使いのデバイスにインストールして互換性を確認してください。


WINDOWS / MAC

Wahoo RPMケイデンスセンサーは、Bluetoothおよび/またはANT+機能を搭載したWindowsとMacのさまざまなアプリケーションに対応しています。Windows PCを使用する場合、ANT +接続を強くお勧めします。

注意: Wahoo Fitnessアプリ(重要なファームウェアの更新に必要です)は、iOSおよびAndroidモバイルデバイスでのみ利用可能です。


他社製アプリケーション

Wahoo RPMケイデンスセンサーは、iOS、Android、Windows、およびMacで動作する数多くのサードパーティ製アプリに対応しています。互換性のある確認済みサードパーティ製アプリの簡潔なリストについては、当社パートナーのアプリをご覧ください。

 

設計仕様

  • 寸法(長さx幅x高さ):3.2cmx1.9cmx2.5cm
  • 重量:7グラム
  • 電池:CR2032
  • 電池寿命:最大12か月
  • 水深:IPX7(水深1.5mまで防水)
  • ワイヤレス信号強度:最大3 m

同梱物

  • Wahoo RPMケイデンス
  • CR2032バッテリー(内蔵)
  • ラバーマウントオプション
  • 結束バンド
  • シューズマウントオプション
  • 3M両面テープ
  • クイックスタートガイド
  • 重要な製品情報ガイド

製品のお手入れ情報

Wahoo RPMケイデンスセンサーのクリーニングが必要になった場合は、湿らせた柔らかい布などで汚れをふき取ってください。強力な洗浄剤の使用や水中に沈める (防水ですが) ことはお勧めしません。そうすることにより、機器が損傷したり、寿命が短くなる可能性があります。

セットアップ

自転車へのWahoo RPMケイデンスの取り付け方法

シリコンマウントの使用:

  • Wahoo RPMケイデンスポッドをシリコンマウントに挿入します。シリコンがWahooのロゴをカバーし、開口部がWahoo RPMケイデンスの裏面になるように注意します。
  • シリコンマウントの両側のスロットに結束バンドを通します。
  • Wahoo RPMケイデンスをクランクアームの非ドライブ側の内側に仮止めします。クランクを回転させ、Wahoo RPMケイデンスが自転車のチェーンステーと接触しないことを確認します。
  • 結束バンドを通してきつく締め、余分な部分をカットします。

3M両面テープの使用:

  • Wahoo RPMケイデンスとクランクアームの非ドライブ側に汚れがないことを確認します。
  • バッキング材を剥がし、テープの片側を露出させ、Wahoo RPMケイデンスの裏面に貼り付けます。テープの反対側のバッキング材を剥がし、Wahoo RPMケイデンスを非ドライブ側クランクアームの内側に貼り付けます。
  • クランクアームを回転させ、Wahoo RPMケイデンスが自転車のチェーンステーと接触しないことを確認します。

Wahoo RPMケイデンスセンサーとWahoo Fitnessアプリ (iOS) のペアリング方法:

  • Wahoo FitnessアプリをApp Storeからダウンロードします。
  • Wahoo Fitnessアプリを開きます。必ずBluetoothをオンにしてください。
  • Wahoo RPMケイデンスを数秒間振ってアクティブにするか、自転車に装着されている場合は、クランクを数回回転させます。
  • 左下の[センサー]を選択します。
  • [新しいセンサーを追加]を選択します。
  • 使用可能なセンサーのリストから自分のWahoo RPMケイデンスを選択します。*
  • 正しいセンサーとつながったこと確認したら、[センサーを保存]を選択します。
  • Wahoo RPM Cadenceで使用するワークアウトプロフィールを選択します(サイクリング&インドアバイクトレーナー)。
  • [完了]を選んで、ペアリングとワークアウトの選択プロセスを完了します。
  • 左上の[完了]を選んでセンサーメニューを終了します。

Wahoo RPMケイデンスセンサーとWahoo Fitnessアプリ (Android) のペアリング方法:

  • Google Play StoreからWahoo Fitnessアプリをダウンロードします。
  • Wahoo Fitnessアプリを開きます。必ずBluetoothをオンにしてください。
  • Wahoo RPMケイデンスを数秒間振ってアクティブにするか、自転車に装着されている場合は、クランクを数回回転させます。
  • 右上の[デバイスを保存]を選択します。
  • [+]アイコンを選択して新しいセンサーを追加します。
  • 使用可能なセンサーのリストから自分のWahoo RPMケイデンスを選択します。
  • 正しいセンサーとつながったことを確認したら、[デバイスを保存]を選択します。
  • Wahoo RPM Cadenceで使用するワークアウトプロフィールを選択します(サイクリング&インドアバイクトレーナー)。
  • [OK]を選択して、ペアリングとワークアウトの選択プロセスを完了します。
  • 戻るボタンを使ってメニューを終了し、ホーム画面に戻ります。

これでWahoo RPMケイデンスが設定され、実際に使うための準備ができました。Wahoo RPMケイデンスを使用するには、ペアリングしたプロフィールの1つを使ってワークアウトを開始します。このペアリングは今後Wahoo Fitnessアプリに記憶されます。センサーを起動して新しいワークアウトを開始するだけで、データの記録が始まります!

注: ペアリングプロセス中、Wahoo RPMケイデンスは青色のLEDを使用して、ユーザーに瞬時のフィードバックを提供します。これらのLEDは電池節約のため約30秒間だけ動作します。青のLEDは接続の状態を表し、以下の3通りのモードがあります。

  • 遅い点滅(1秒に1回程度):Wahoo RPMケイデンスは起動していますが、ペアリングしていません。
  • 4回点滅:これは接続した瞬間に発生します。
  • 早い点滅(1秒に2回程度):Wahoo RPMケイデンスはデバイスとペアリングしています。

* センサーのファームウェアのアップデートが利用できる場合は、センサーメニューからアップデートの実行を確認するメッセージがWahoo Fitnessアプリに表示されます。

ワークアウトの基本

ワークアウトの開始 (iOS)

  • 必ずBluetoothをオンにし、Wahoo RPM Cadence.と通信できる状態にしてください。
  • スライダーを使って、ワークアウトタイプの一覧から実行するワークアウトを選択します。
  • 音声アナウンスをオンまたはオフにします。
  • Wahoo RPMケイデンスを数秒間振ってアクティブにするか、自転車に装着されている場合は、クランクを数回回転させます。
  • Wahoo RPMケイデンスがデバイスと同期していることを確認します。デバイスに接続すると、そのワークアウトプロフィールのリンク済みセンサーの一覧が表示され、右端に信号強度が表示されます。
  • 緑の[開始]ボタンを選択してワークアウトを開始します。Wahoo RPMケイデンスから収集された情報がデバイスに表示され始めます。

ワークアウトの終了 (iOS)

  • ワークアウトを終了するには、赤の[一時停止]ボタンを選択します。
  • 赤の[終了]ボタンと、a) [ワークアウトを破棄] b) [ワークアウトを保存] c) [ワークアウトに戻る] のいずれかを選択します。
  • ワークアウトを終了した場合は、Wahoo Fitnesアプリにワークアウトの概要は表示されません。

ワークアウトの開始 (Android)

  • 必ずBluetoothをオンにし、Wahoo RPM Cadence.と通信できる状態にしてください。
  • スライダーを使って、ワークアウトタイプの一覧から実行するワークアウトを選択します。
  • 必要に応じて、鉛筆アイコンを使ってワークアウトを変更します(音声アナウンスを編集するなど)。
  • 緑の[再生]ボタンを選択して、新しいワークアウトを開きます。
  • Wahoo RPMケイデンスを数秒間振ってアクティブにするか、自転車に装着されている場合は、タイヤを数回回転させます。
  • Wahoo RPMケイデンスがデバイスと同期していることを確認します。デバイスに接続すると、そのワークアウトプロフィールのリンク済みセンサーの一覧が表示され、右端に信号強度が表示されます(ボタンは右上にあります)。
  • 緑の[開始]ボタンを選択してワークアウトを開始します。Wahoo RPMケイデンスから収集された情報がデバイスに表示され始めます。

注: センサーのファームウェアがバージョンアップデートされている場合は、Wahoo Utilityを使用してアップデートを開始するかどうかを確認するメッセージがWahoo Fitnessアプリに表示されます。アップデートがリリースされている場合は、適用してセンサーのパフォーマンスを向上させます。ファームウェアをアップデートするには、無料のWahoo Utilityアプリが必要です。Google Paly Storeからダウンロードしてください。

ワークアウトの終了 (Android)

  • ワークアウトを終了するには、赤の[一時停止]ボタンを選択します。
  • [終了]ボタンと、a) [破棄] b) [保存] c) [キャンセル]のいずれかを選択します。
  • ワークアウトを保存して終了する場合は、Wahoo Fitnessアプリにワークアウトの概要が表示されます。

詳細:Wahoo Fitnessアプリの使用方法のページを参照してください。

別のアプリに接続したい場合は?

この製品は多数の他社製アプリと互換性があります。アプリによってセンサーとの接続方法が若干異なります。一般的な方法:互換性のあるアプリのうち、使用したいアプリを開いて設定を調べます。[センサーに接続]または同様のオプションを探します。使用するアプリごとに、各センサーを別々に接続する必要があります。

注: Bluetoothデバイスは、一度に1つのアプリとだけペアリングできます。新しいアプリに接続する前に、センサーを使用している可能性のあるバックグラウンドアプリを必ず終了してください。

トラブルシューティング

Wahoo Utilityアプリを使用してハードウェアの接続問題をテストします (iOS)。

  • Wahoo UtilityアプリをApp Storeからダウンロードします。
  • Wahoo Utilityアプリを開きます。
  • [Bluetoothセンサーをテスト]を選択します。
  • [BlueSC/Wahoo RPM ケイデンス]を選択します。これでWahoo Utilityがセンサーと接続を試みます。必ずBluetoothをオンにしてください。
  • Wahoo RPMケイデンスを数秒間振ってアクティブにするか、自転車に装着されている場合は、タイヤを数回回転させます。Wahoo RPMケイデンスが点滅し始め、起動していることを示します。これでWahoo Utilityがセンサーに接続し、接続を確認するセンサー情報やファームウェアのバージョンが表示されます。
  • テストが完了したら、Wahoo Utilityアプリを終了してペアリングを解除します。

注: センサーのファームウェアがバージョンアップデートされている場合は、アップデートの開始を確認するメッセージがWahoo Utilityアプリに表示されます。アップデートがリリースされている場合は、適用してセンサーのパフォーマンスを向上させます。

それでも問題がある場合は、詳細については、サポートまでお問い合わせください。Wahoo Fitnessアプリから[設定]>[インフォ+ヘルプ]>[Eメールで問い合わせ]機能を使用する場合は、ご質問に的確にお答えできるよう、ログも添付してください。

Wahoo Utilityアプリを使用してハードウェアの接続問題をテストします (Android)。

  • Wahoo UtilityアプリをGoogle Play Storeからダウンロードします。
  • Wahoo Utilityアプリを開きます。[デバイスの検出]が直ちにセンサーデバイスを探します。必ずBluetoothをオンにしてください。
  • Wahoo RPMケイデンスを数秒間振ってアクティブにするか、自転車に装着されている場合は、タイヤを数回回転させます。Wahoo RPMケイデンスが点滅し始め、起動していることを示します。これでWahoo Utilityがセンサーに接続し、接続を確認するセンサー情報やファームウェアのバージョンが表示されます。
  • テストが完了したら、Wahoo Utilityアプリを終了してペアリングを解除します。

注: センサーのファームウェアがバージョンアップデートされている場合は、Wahoo Utilityアプリに[ファームウェアをアップグレード]ボタンが表示されます。アップデートがリリースされている場合は、適用してセンサーのパフォーマンスを向上させます。

それでも問題がある場合は、詳細については、サポートまでお問い合わせください。Wahoo Fitnessアプリから[設定]>[インフォ+ヘルプ]>[Eメールで問い合わせ]機能を使用する場合は、ご質問に的確にお答えできるよう、ログも添付してください。

Wahoo RPMケイデンスの電池の交換方法:

  • マイナスドライバー、コインまたは他のツールをWahoo RPMケイデンスの側面のスロットに挿入して回すと、トップカバーが外れます。
  • 古い電池を取り出し、別のCR2032コイン電池と交換します。
  • Wahoo RPMケイデンスに蓋を戻します。ゴム製Oリングを正しく配置し、Wahoo RPMケイデンスの底の2本のポストをWahoo RPMケイデンスの蓋の穴にぴったりと合わせます。
  • 蓋を元の位置にはめ込み、外側を完全に覆います。LEDライトが点滅し始め、電池の交換が完了してWahoo RPMケイデンスが起動していることを示します。
  • また、Wahooでは「苦味成分/子どもの誤飲防止」コーティングが施された電池の使用を推奨していません(具体的には、Duracell社製の電池ですが、これに限定しません)。これらの電池は、Wahooデバイスでの使用が認められていません。使用される際は、お客様の責任においてご使用ください。このコーティングは、電池のパフォーマンスやセンサーの機能を低下させるおそれがあります。最適なパフォーマンスおよびトラッキング機能を実現するため、Wahooでは、パナソニック製ボタン型電池または苦味コーティングがされていないその他ブランドの電池の使用を推奨しています。

その他にご質問がある場合は、support.wahoofitness.comにアクセスして、追加のサポートをご利用ください。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink