製品情報

製品情報

Wahoo TICKR Xは心拍数モニターで、iOSまたはAndroidのスマートフォンやタブレット端末はもちろん、GPSウォッチとも連動し、オンラインまたはオフラインで使用できるように設計されています。デバイスと連動し、Bluetooth 4.0とANT+テクノロジーを利用して、心拍数、消費カロリー、ワークアウト時間のほか、距離や速度の情報も記録します。

TICKR Xには内蔵メモリが搭載されているので、スマートフォンなしでトレーニングをして、後でデータを同期することもできます。ランナー向けに最適化されており、ランニングフォームと同時に、ケイデンス、鉛直振動、接地時間などの主なランニング指標により、ランニングフォームを3次元でモニタリングします。このほか、Wahoo Fitnessアプリを合わせて使って、屋内サイクリングのケイデンスやトレッドミルのワークアウトを記録できます。

さらに、TICKR Xは8週間のバーン&バーストトレーニングプランも組み入れて、フィットネス目標の達成を支援します。

iOS

This product is designed for use with iOS 12 and newer devices.

Android

この製品は、Bluetooth4.0プロトコルに対応した4.3以降のAndroidデバイスで使用するように設計されており、他社製アプリがBluetooth4.0 (Smart) 無線にアクセスすることを許可する必要があります。

注: Wahoo Fitnessでは、この説明に該当するAndroid全機種との完全な互換性はまだテストしていません。製品を購入される前に、Google Play Storeからアプリをダウンロードし、お使いのデバイスにインストールできるかどうかを確認してください。

この製品には以下の付属品が同梱されています。

  • 心拍数モニター
  • 調節可能な柔らかいチェストベルト
  • CR2032バッテリー(内蔵)
  • クイックスタートガイド
  • 重要な製品情報ガイド
セットアップ

セットアップ

このセットアップガイドでは、TICKR Xの装着とWahoo Fitnessアプリとのペアリングについて説明します。

TICKR Xの装着方法

  1. センサーをチェストベルトの片側にはめ込みます。
  2. チェストベルトを胸囲に合わせて調節します。装着したときに、きつすぎず緩すぎず快適にフィットするようにします。
  3. チェストベルトが接する箇所 (デバイスの裏面) を唾液か電解質クリームで湿らせて、伝導性を高めます。
  4. チェストベルトを胸の周りに巻きつけます。
  5. チェストベルトのもう一方の端をはめて留めます。

TICK XとWahoo Fitnessアプリ (iOS) のペアリング方法

  1. Wahoo FitnessアプリをApp Storeからダウンロードします。
  2. Wahoo Fitnessアプリを開きます。必ずBluetoothをオンにしてください。
  3. TICKR Xを胸部に装着して起動します。TICKR Xは心拍を検知すると起動します。
  4. 左下の[センサー]を選択します。
  5. [新しいセンサーを追加]を選択します。
  6. 使用可能なセンサーのリストから自分のTICKR Xを選択します。*
  7. 正しいセンサーとつながったこと確認したら、[センサーを保存]を選択します。
  8. TICKR Xで使用するワークアウトプロフィールを選択します(ランニング&サイクリング)。
  9. [完了]を選択して、ペアリングとワークアウトの選択プロセスを完了します。**
  10. 左上の[完了]を選んでセンサーメニューを終了します。

TICKR XとWahoo Fitnessアプリ (Android) のペアリング方法

  1. Google Play StoreからWahoo Fitnessアプリをダウンロードします。
  2. Wahoo Fitnessアプリを開きます。必ずBluetoothをオンにしてください。
  3. TICKR Xを胸部に装着して起動します。TICKR Xは心拍を検知すると起動します。
  4. 右上の[デバイスを保存]を選択します。
  5. [+]アイコンを選択して新しいセンサーを追加します。
  6. 使用可能なセンサーのリストから自分のTICKR Xを選択します。
  7. 正しいセンサーとつながったことを確認したら、[デバイスを保存]を選択します。
  8. TICKR Xで使用するワークアウトプロフィールを選択します(ランニング&トレッドミル)。注意:TICKR Xは、サイクリングやテニスなどの活動にも標準的な心拍数モニターと同様に使用できます。
  9. [OK]を選択して、ペアリングとワークアウトの選択プロセスを完了します。
  10. 戻るボタンを使ってメニューを終了し、ホーム画面に戻ります。**

これでTICKR Xが設定され、実際に使ってみる準備ができました。TICKR Xを使用するには、ペアリング済みプロフィールの1つを使ってワークアウトを開始します。このペアリングは今後Wahoo Fitnessアプリに記憶されます。センサーを起動して新しいワークアウトを開始するだけで、データの記録が始まります!

注: ペアリングプロセス中、TICKR Xは青と赤のLEDを使用して、ユーザーに瞬時のフィードバックを提供します。これらのLEDは電池節約のため約30秒間だけ動作します。赤LEDは心拍が検知されるたびに点滅します。青のLEDは接続の状態を表し、以下の3通りのモードがあります。

  1. 遅い点滅(1秒に1回程度):TICKR Xは起動していますが、ペアリングしていません。
  2. 3回点滅:これは接続した瞬間に発生します。
  3. 早い点滅(1秒に2回程度):TICKR Xはデバイスとペアリングしています。

* センサーのファームウェアのアップデートが利用できる場合は、アップデートの実行を確認するメッセージがWahoo Fitnessに表示されます。バージョンアップしない場合は、後日アップデートできます。バージョンアップがリリースされているセンサーは、[保存されたセンサー]メニューに、アップデートが可能であるがインストールされていないことを示すバッジが表示されます。

** TICKR Xを初めてペアリングする場合:

なお、[保存されたセンサー (Saved Devices)]メニューからTICKR Xを選択すると、いつでもアプリ内のチュートリアルや豊富な機能にアクセスできます。TICKR Xを最大限に活用するために様々な機能の詳細を学ぶには、このメニューから一番下までスクロールして[チュートリアルを表示]を選択してください。

トレッドミルのワークアウトに合わせたTICKR Xの調整

注: トレッドミルに乗っているとき、調整機能を使用して、ワークアウト中にTICKR Xが走行速度と距離を正確に計測できるようにします。

トレッドミルワークアウトに合わせたTICKR Xの調整方法 (iOS):

  1. [センサー]を選択します。
  2. [保存されたセンサー]のリストからTICKR Xを選択します。
  3. スクロールしてメニューから[調整]を選択します。
  4. 調整の種類を選択し、説明に従って操作を完了します。

トレッドミルワークアウトに合わせたTICKR Xの調整方法 (Android):

  1. [保存されたデバイス]を選択します。
  2. [保存されたセンサー]のリストからTICKR Xを選択します。
  3. スクロールしてメニューから[調整]を選択します。
  4. 調整の種類を選択し、説明に従って操作を完了します。
ワークアウトの基本

ワークアウトの基本

ワークアウトの開始 (iOS)

  1. 必ずBluetoothをオンにし、TICKR X.と通信できる状態にしてください。
  2. スライダーを使って、ワークアウトタイプの一覧から実行するワークアウトを選択します。
  3. 音声アナウンスをオンまたはオフにします。
  4. ダブルタップ機能でTICKR Xに実行させたい動作を選択します。
  5. TICKR Xを胸部に装着して起動します。TICKR Xは心拍を検知すると起動します。
  6. TICKR Xがデバイスと同期済みであることを確認します。デバイスに接続すると、そのワークアウトプロフィールのリンク済みセンサーの一覧が表示され、右端に信号強度が表示されます。
  7. 緑の[開始]ボタンを選択してワークアウトを開始します。TICKR Xから収集された情報がデバイスに表示され始めます。

ワークアウトの終了 (iOS)

  1. ワークアウトを終了するには、赤の[一時停止]ボタンを選択します。
  2. 赤の[終了]ボタンと、a) [ワークアウトを破棄] b) [ワークアウトを保存] c) [ワークアウトに戻る] のいずれかを選択します。
  3. ワークアウトを終了した場合は、Wahoo Fitnesアプリにワークアウトの概要は表示されません。

オフラインでのワークアウトの実行 (iOS)

  1. TICKR Xのチェストベルトを装着して起動します。赤LEDが点滅し、心拍が検知されたことを示します。記録は自動的に開始します。
  2. ワークアウトを実行します。
  3. 次回TICKR Xとデバイスを同期するとき、センサーからワークアウトデータをダウンロードするように指示が表示されます。TICKR Xは最大16時間のワークアウトデータをオフラインモードで記録します。

オフラインワークアウト中にTICKR Xの動作を確認する場合は、いつでもダブルタップしてください。LEDが再点滅して起動していることを知らせます(ただし、ダブルタップするたびに、ワークアウト履歴にマーカーが挿入されます)。

注: オンラインでワークアウトを記録していた場合は、Wahoo Fitnessアプリと同期したときに[履歴]メニューに表示されます。ただし、持続時間が5分未満のワークアウトは同期されません。それらは[センサー]>[TICKR X]>[デバイスフリー・ワークアウト]の順に選択して、手動でダウンロードできます。

ワークアウトの開始 (Android)

  1. 必ずBluetoothをオンにし、TICKR X.と通信できる状態にしてください。
  2. スライダーを使って、ワークアウトタイプの一覧から実行するワークアウトを選択します。
  3. 必要に応じて、鉛筆アイコンを使ってワークアウトを変更します。例えば、ダブルタップ機能でTICKR Xに実行させたい動作を選択したり、音声アナウンスを編集したりします。
  4. 緑の「再生」ボタンを選択して、新しいワークアウトを開きます。
  5. TICKR Xを胸部に装着して起動します。TICKR Xは心拍を検知すると起動します。
  6. TICKR Xがデバイスと同期済みであることを確認します。デバイスに接続すると、そのワークアウトプロフィールのリンク済みセンサーの一覧が表示され、右端に信号強度が表示されます(ボタンは右上にあります)。
  7. 緑の[開始]ボタンを選択してワークアウトを開始します。TICKR Xから収集された情報がデバイスに表示され始めます。

注: If a firmware update is available for your sensor, the Wahoo Fitness app will now prompt you to proceed with performing an update using the Wahoo app. バージョンアップしない場合は、後日アップデートできます。The free Wahoo app is required to perform firmware updates and is available from the Google Play Store.

ワークアウトの終了 (Android)

  1. ワークアウトを終了するには、赤の[一時停止]ボタンを選択します。
  2. [終了]ボタンと、a) [破棄] b) [保存] c) [キャンセル]のいずれかを選択します。
  3. ワークアウトを終了した場合は、Wahoo Fitnesアプリにワークアウトの概要は表示されません。

オフラインでのワークアウトの実行 (Android)

  1. TICKR Xのチェストベルトを装着して起動します。赤LEDが点滅し、心拍が検知されたことを示します。記録は自動的に開始します。
  2. ワークアウトを実行します。
  3. 次回TICKR Xとデバイスを同期するとき、センサーからワークアウトデータをダウンロードするように指示が表示されます。TICKR Xは最大16時間のワークアウトデータをオフラインモードで記録します。

オフラインワークアウト中にTICKR Xの動作を確認する場合は、いつでもダブルタップしてください。LEDが再点滅して起動していることを知らせます(ただし、ダブルタップするたびに、ワークアウト履歴にマーカーが挿入されます)。

注: オンラインでワークアウトを記録していた場合は、Wahoo Fitnessアプリと同期したときに[履歴]メニューに表示されます。

  1. ワークアウトの履歴を選択します。
  2. 画面右上の[オフラインワークアウトを同期]ボタンを選択します。
  3. [続行]を選択してオフラインワークアウトのデータをインポートします。

詳細:Wahoo Fitnessアプリの使用方法のページを参照してください。

その他の機能:

心拍トレーニング:[設定]の心拍トレーニング機能を使用して、バーン&バースト数値を計測し、ワークアウトを最適化します。バーン&バーストトレーニングプランを使用して、心拍トレーニングを最適化する方法を詳しく学びましょう。

詳細:Wahoo Fitnessアプリの使用方法のページを参照してください。

別のアプリに接続したい場合は?

この製品は多数の他社製アプリと互換性があります。アプリによってセンサーとの接続方法が若干異なります。一般的な方法:互換性のあるアプリのうち、使用したいアプリを開いて設定を調べます。[センサーに接続]または同様のオプションを探します。使用するアプリごとに、各センサーを別々に接続する必要があります。

注: Bluetoothデバイスは、一度に1つのアプリとだけペアリングできます。新しいアプリに接続する前に、センサーを使用している可能性のあるバックグラウンドアプリを必ず終了してください。

Wahoo TICKR X電池の交換方法

  1. コインを裏蓋のスロットに入れて反時計回りに回し、「アンロック」位置にして裏蓋を外します。
  2. 古い電池を新しいコイン電池CR2032と交換します。
  3. 裏蓋を戻し、コインを使って時計回りに回し、「ロック」位置まで締めます。
トラブルシューティング

トラブルシューティング

Use the Wahoo app to test your hardware for connectivity issues (iOS)

  1. Download the Wahoo app from the App Store.
  2. Open the Wahoo app.
  3. [Bluetooth4.0センサーをテスト]を選択します。Bluetoothがオンになり、デバイスが起動していることを確認してください。
  4. [BlueHR/TICKR]を選択します。The Wahoo app will now try to connect to the sensor.
  5. The Wahoo app should now connect to your sensor & display information regarding sensor data and the firmware version to confirm connectivity.
  6. Close the Wahoo app to disconnect the pairing when finished testing.

注: If a firmware update is available for your sensor, the Wahoo app will prompt you to proceed with performing an update. アップデートがリリースされている場合は、適用してセンサーのパフォーマンスを向上させます。

Use the Wahoo app to test your hardware for connectivity issues (Android)

  1. Download the Wahoo app from the Google Play Store.
  2. Open the Wahoo app. [デバイスの検出]が直ちにセンサーデバイスを探します。Bluetoothがオンになり、デバイスが起動していることを確認してください。
  3. [TICKR X]を選択します。The Wahoo app will now try to connect to the sensor.
  4. The Wahoo app should now connect to your sensor & display information regarding sensor data and the firmware version to confirm connectivity.
  5. Close the Wahoo app to disconnect the pairing when finished testing.

注: If a firmware update is available for your sensor, the Wahoo app will display an "Upgrade Firmware” button. アップデートがリリースされている場合は、適用してセンサーのパフォーマンスを向上させます。

それでも問題がある場合は、

詳細についてサポートまでお問い合わせください。support@wahoofitness.com Wahoo Fitnessアプリから[設定]>[インフォ+ヘルプ]>[Eメールで問い合わせ]機能を使用する場合は、ご質問に的確にお答えできるよう、ログも添付してください。

設計仕様:

  • 寸法(長さx幅x高さ):7cmx1.3cmx3.8cm
  • 重量:チェストベルトなしで8.5グラム
  • 電池:CR2032
  • 電池寿命:最大12か月
  • 汗に強い防水加工:あり (洗い可能なチェストベルト)
  • 水深:IPX7 (水深1.5mまで防水)
  • チェストベルトの長さ:61~122cmに調節可能な伸縮式
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink