3~5日配送 送料無料(12,000円以上のご注文)

Wahoo Fitness

The Wahoo Fitness app is specially designed to bring Wahoo Fitness hardware sensors in contact with mobile devices.

The app supports most Bluetooth 4.0+ compliant Android devices running Android version 4.4 KitKat or newer.

注意:as Android devices vary widely, compatibility cannot be assured for all devices matching this description. Please download and install the Wahoo Fitness app from the Google Play Store before purchasing a Wahoo Fitness product to ensure compatibility.

サマリー/ホームページ

サマリー/ホームページ

ホームページは、ワークアウト関連のあらゆる活動のローンチパッドとして機能し、過去4週間の概要を表示します。この概要には、実行したワークアウトの数、歩いた距離、ワークアウトセッション中に費やした時間などが要約されています。

初めてWahoo Fitnessアプリを開くと、ウィザードがセンサーのペアリングプロセス、ユーザーとしての設定、最初のワークアウトの開始などの手順を案内します。

The menu of options from the Home Page are as follows:

  • Top menu from left to right: History, Saved Devices, Profiles.
  • Settings button: User details, Heart rate training, Sharing, Info+Help.
  • Workout menu: Workout selector, New Workout, Edit Workout Settings

Saved Devices

Saved Devices

The Saved Devices icon will display the Saved Devices menu, listing all sensors that have been paired with your device. From this screen you can review or modify the settings for a given paired sensor, add a new sensor, shop for additional sensors, remove (forget) saved sensors.

現在、以下のWahoo Fitnessセンサーが市販されています。

  • KICKR - インドアサイクリングトレーナー
  • TICKR - 心拍数モニター
  • TICKR RUN - 心拍数モニター
  • TICKR X - 心拍数モニター
  • RFLKT - サイクルコンピューター
  • RFLTK+ - サイクルコンピューター
  • RPM - ケイデンスセンサー
  • Blue SC - スピード・ケイデンスセンサー

新しいセンサーの追加/デバイスとWahoo Fitnessアプリとのペアリング(詳細情報は各センサー機器に付属):

  1. Google Play StoreからWahoo Fitnessアプリをダウンロードします。
  2. Wahoo Fitnessアプリを開きます。Bluetoothがオンになっていることを確認します。*
  3. センサー機器を起動します。
  4. Select “Saved Devices” in the top right corner (located between the History and the Profiles buttons).
  5. Select the plus “+” icon to search for a sensor.
  6. 使用可能なセンサーの一覧からsensorを選択します。
  7. 正しいセンサーとつながったことを確認したら、[デバイスを保存]を選択します。
  8. sensorで使用するワークアウトプロフィールを選択します(サイクリングなど)。
  9. [OK]を選択して、ペアリングとワークアウトの選択プロセスを完了します。
  10. If there is a tutorial for the sensor, this will be available now. Use the Back button to exit when done.
  11. Use the Back button to exit the menus and return to the Home Screen

注: 別の指示がない限り、常にアプリを使用してセンサー機器とペアリングしてください。接続の問題を防ぐには、Bluetoothを有効にするとき、デバイスの全般設定機能からセンサーの検出やペアリングを実行しないでください。Bluetooth機能をオンにし、アプリを開いてペアリングプロセスに進みます。

センサーの設定の調整:

  1. 左下の[センサー]を選択します。
  2. 確認するセンサーを選択します。以下の情報が表示されます。
    1. Forget Device: Wahoo Fitnessアプリとペアリングしている保存済みセンサーを削除する場合に選択します。
    2. センサーから送られた情報 (接続している場合)
    3. Active Workout profiles: Select this option to turn on/off profiles for this sensor.
    4. Display configurations, tutorials and other information applicable to that sensor.
  3. When done reviewing the settings, use the Back button to exit the menus and return to the Home Screen.

センサーを購入:

  • 1. 右上の[デバイスを保存]を選択します。
  • Select the Shopping Cart icon in the top right corner. オンラインWahooストアでWahoo Fitnessアプリと互換性のあるフィットネス製品やセンサーを追加購入するには、このオプションを使用します。
Profiles

Profiles

The Profiles list will contain a range of generic workout profiles to get you started. Click on an existing generic profile to edit it, or use the plus “+” icon to select a more specific template.

新しいワークアウトプロフィールの作成方法:

  1. Select the plus “+”.
  2. Select a template for the workout profile you wish to create.
  3. Select the created workout from the profile list.
  4. プロフィールにカスタム名を付けるか、デフォルト名をそのまま使います。
  5. このプロフィールにリンクするセンサーを選びます。
  6. Select which data sources you wish to use (if there are multiple sensors).
  7. Select if cadence data should be recorded (if there is a linked cadence sensor).
  8. Select where Elevation data should be drawn from (GPS or other sensor).
  9. Select which kind of workout page should be linked to this profile.
  10. Select RFLKT configuration and edit if required (see RFLKT & RFLKT+).
  11. Select what Audio Announcements should be played, and when.
  12. Select what the Double Tap function should be set to (see TICKR Run & TICKR X).
  13. Use the Back button to exit the menus and return to the Home Screen

Editing an Existing Workout Profile:

    編集するワークアウトプロフィールを選択します。以下のオプションがあります。
  • 名前:ワークアウトの新しい名前をこのテキストフィールドに入力します。
  • Linked Devices: このワークアウトにリンクしているセンサーが表示されます。必要に応じて他のセンサーのアイコンを選択/選択解除します。
  • データソース:このワークアウトにリンクしているセンサーと、提供されるデータを示します。他のセンサーを使用できる場合は、これがリストとして表示されます。必要に応じてこのアイコンをタップして、使用するセンサーを選択/選択解除します。
    • Speed & Distance: このワークアウトのGPSデータを記録するかどうかをオン/オフで切り替えます。
    • ケイデンス:Select which sensor should be used to record cadence data.
    • Elevation (RFLKT+ sensor or GPS): このワークアウトの高度計データを記録するかどうかをオン/オフで切り替えます。
  • ページ:現在このワークアウトプロフィールに関連づけられている様々なページを表示します。
    • ワークアウトページ:Select “Edit page configurations” to modify the pages displayed during a workout. Use the plus “+” icon in the top right to add additional pages to the workout.
    • RFLKT configuration: Select “Edit custom configurations” to modify the pages displayed on the RFLKT during a workout. Use the plus “+” icon in the top right to add additional pages to the workout (see RFLKT Configuration).
  • 音声アナウンス:Select what Audio Announcements should be played, and when.
  • TICKR Double Tap: Select the Double Tap function (see TICKR Run or TICKR X users).
  • RFKLT Configuration (RFKLT & RFKLT+ only): 現在RFLKTデバイスに関連付けられている様々なページと、このデバイスに固有のその他の情報を表示します。
    • ページ:
      • ワークアウトにページを追加するには、中央右側のプラス (+) アイコンを使用します。
      • Select a page to open the “Change Page” menu. From this menu:
        • Reselect a page to display from the list of preconfigured screens.
        • Select a cell to edit/replace with preferred data as per the menu options.
        • Delete the page.
        • Move the page down the list of screens.
    • ポップアップ:
      • 特定のトリガーで表示される新しいポップアップを追加するには、ポップアップ機能を使用します。Click on the popup to either reselect a preconfigured screen or to edit and select a trigger from the list.
    • Default Buttons:
      • Select the Buttons menu to see what function has been assigned to each but-ton or to reconfigure the buttons on the RFKLT/RFKLT+ as per the options available.
    • 設定:
      • Select the Settings menu to modify how the backlight on the RFLKT/RFLKT+ functions, enable auto scrolling or invert the colours
  • TICKRダブルタップ (TICKR RunとTICKR Xのみ):TICKRダブルタップに割り当てられている機能を、利用可能なオプションに従って有効にします。
    • Start & Pause Workout
    • Start & Lap Workout
    • Start & Pause Music
    • Start & Skip Music
    • なし

ワークアウトプロフィールの削除方法:

  1. Select and hold down the profile you wish to delete. The profile icon will change to a tick.
  2. Delete by selecting the trash can icon in the top right corner.
  3. Confirm using the “Delete” button, which will appear as a popup window
ワークアウト

ワークアウト

The Summary/Home Page enables new Workouts to be initiated and recorded.

新しいワークアウトを開始するには:

  1. 必ずBluetoothをオンにし、sensor(s).と通信できる状態にしてください。
  2. スライダーを使って、ワークアウトタイプの一覧から実行するワークアウトを選択します。
  3. Use the Pencil icon to edit your workout if changes are required.
  4. 緑の「再生」ボタンを選択して、新しいワークアウトを開きます。
  5. Make sure the sensor(s) you plan to use are awake and paired to your device (view linked sensors using the Sensor icon in the top right corner).
  6. 緑の[開始]ボタンを選択してワークアウトを開始します。

ワークアウト中:

  • ワークアウトを一時停止するには:ワークアウトが開始すると、緑の[スタート]ボタンが赤の[一時停止]ボタンに変わります。このボタンを使用すると、ワークアウトをいつでも休止または終了できます。
  • ワークアウト画面を表示するには:特定のワークアウトタイプの画面を左右にスワイプして移動します。画面の位置はラップボタンの上にある青のラインで表示されています。デフォルト画面の左端の画面はGPSトラッキング用です(この機能を使用できる場合)。右側の画面はカスタマイズ可能で、そのワークアウト中に表示するように選択したデータが反映されます。
  • KICKRユーザー:画面の最後まで右へスワイプして、KICKRページを表示します。このページでは、ワークアウト情報を見てKICKRをコントロールできます。以下の4つのオプションから選ぶことができます。
    • レベルモード:[-][+]のボタンを使ってパワー曲線を変更します。数字を増やすと、最大4.5%までグレードが上がります。このオプションはフルイドまたはウィンドトレーナーと同様で、ペダルを早く漕ぐと難易度が上がります。
    • 抵抗モード:[-][+]のボタンを使って抵抗を変更します。数字を増やすと、最大100%まで抵抗が上がります。このオプションは固定自転車のブレーキ調節と同様で、速度に関わらず、調節するまでブレーキがかかっている状態になります。
    • ERGモード:[-][+]のボタンを使ってパワー出力を選択します。このオプションを使用すると、速度にかかわらず一貫したパワーを出すために、KICKRが抵抗を上げ/下げします。例えば、ケイデンスが下がっている場合は、抵抗を上げて同等のパワー出力にします。
    • シムモード:坂道(グレード)、風速(逆風)、自転車の種類を入力すると、それらの要素を取り入れた屋外走行のパワー曲線をシミュレーションします。正確な計算ができるように、体重とタイヤのサイズが設定されていることを確認してください (タイヤ周長には[保存されたセンサー]>[KICKR]メニューから、体重には[設定]>[私の詳細]メニューからアクセスできます)。

新しいラップを開始するには:

画面の左下にある黒の[ラップ]ボタンで新しいラップを開始します。1回タップして新しいラップを開始すると、前回のラップ結果の概要が表示されます。これは5秒後に自動的に消去されますが、ウィンドウ下部にある[キャンセル]ボタンを選択すると、すぐに結果を消去できます。

センサーの表示/管理:

Select the Sensor icon from the top right corner of the screen to view the menu of sensors that are linked to this workout type. 現在アクティブなセンサーの信号強度が右端のBluetoothアイコンの隣に表示されます。Select the Sensor icon again to hide the menu.

Music:

Select the music icon from the top right corner to select music during your workout.

ワークアウトを終了するには:

画面の右下から赤の[一時停止]ボタンを選択します。一時停止すると、赤の[停止]ボタンが画面の左下にある[ラップ]ボタンに置き換わります。Select “Stop” and you will be prompted to stop (exit) or cancel to return to your workout. ワークアウトの概要が表示されます。Select “Workout details” or use the Back button to exit. Use the “Share” button to export your workout to another app. ワークアウトをもう一度表示したり、別のワークアウトを表示したりするには、[履歴]メニューに戻って、保存されているすべてのワークアウトを調べます。

設定

設定

The Menu button will display the Settings menu, where you can edit user attributes, access heart rate training, modify app sharing and access help and information about the app or sensor device.

User details:

心拍ゾーンやカロリー消費などフィットネス指標の計算ができるように、自身に関する情報を入力します。この情報は非公開で、個人で使用するためのものです。閲覧、販売、共有されることはありません。

心拍トレーニング (心拍数モニターで使用する場合):

心拍トレーニング機能を使用して、バーン&バースト数値を計測し、ワークアウトを最適化してください。バーン&バーストトレーニングプランを使用して、心拍トレーニングを最適化する方法を詳しく学びましょう。

共有:

ワークアウトの情報を他のアプリと共有しますか?ログインし、共有を許可します。また、許可したアイテムは、必要に応じて許可を解除することもできます。

インフォ+ヘルプ:

    このメニューからは以下の機能にアクセスできます。
  • What’s new in <x>: Displays information regarding changes to the current version.
  • Wahoo Fitnessについて:Wahoo Fitnessアプリのバージョン情報が表示されます。
  • Support website: FAQ (よくある質問) やナレッジベースの記事が豊富に掲載されている、Wahooサポートポータルが開きます。さらに、サポートの申し込みや未解決案件の管理ができます。
  • Send support email: Opens the mail client and attaches relevant specifications and a user log to help us better manage your query.
  • Debug mode: Toggle on/off to enable detailed logging for reporting issues to Wahoo. Will reset the next time the app is started.
履歴

履歴

履歴アイコンをタップすると、記録されたワークアウトのすべてが新しい日付から順に表示されます。この画面から、完了したワークアウトの確認や、エクスポート、別のアプリとのシェア、削除ができます。

完了したワークアウトを確認するには:

  1. 確認するワークアウトをリストから選択します。
  2. ワークアウトをスクロールして、そのワークアウトから記録された様々な情報を表示します。
    • ワークアウトにGPSデータが含まれている場合は、選択して詳しい地図を表示します。
    • ワークアウトに心拍数データが含まれている場合は、ご希望の場合、バーン&バースト数値をここで設定できます。
    • データを別のアプリにエクスポートしたり、別のアプリと共有したりする場合は、右上の共有アイコンを選択します。(More below)
    • Use the Pencil icon in the top right corner if you wish to edit the workout name, change the workout profile or delete the workout.
  3. When finished, exit the workout and select “Workout history” in the top left corner or use the Back button to exit the History menu

完了したワークアウトを削除するには:

  1. Select and hold down the workout you wish to delete.
  2. A pop up window will appear with the option to "Rename" or "Delete Forever"
  3. Tap on "Delete Forever" to remove the workout from the Wahoo Fitness App

ワークアウトを別のアプリと共有するか、または別のアプリにエクスポートするには:

  1. [履歴]メニューからワークアウトを選択します。
  2. 右上の共有アイコンを選択します。
  3. Select “Configure Sharing” to select an authorised app to export to. Use the plus “+” icon to access the list of apps & if it is unauthorised, tap the icon and follow the login prompts to enable sharing of information with this app. Alternatively, select “Other” to export your workout as the filetype of your choice to open in another app later.
  4. 戻るボタンを使ってメニューを終了し、ホーム画面に戻ります。

TICKR Xのユーザー:

Recorded offline workouts will appear in workout history upon pairing with the Wahoo Fitness app

トラブルシューティング

トラブルシューティング

Wahoo Utilityアプリを使用してハードウェアの接続問題をテストする:

  1. Wahoo UtilityアプリをGoogle Play Storeからダウンロードします。
  2. Wahoo Utilityアプリを開きます。
  3. Wake up the sensor you wish to test for connectivity.
  4. これでWahoo Utilityがセンサーと接続を試みます。Make sure you have Blue-tooth turned on. “Discover Devices” will display on your device while searching.
  5. The Wahoo Utility should now connect to your sensor & display information regard-ing sensor data and the firmware version to confirm connectivity.
  6. テストが完了したら、Wahoo Utilityアプリを終了してペアリングを解除します。

注: センサーのファームウェアがバージョンアップデートされている場合は、Wahoo Utilityアプリに[ファームウェアをアップグレード]ボタンが表示されます。アップデートがリリースされている場合は、適用してセンサーのパフォーマンスを向上させます。

それでも問題がある場合は、詳細については、サポートまでお問い合わせください。

Powered By OneLink