IAN BOSWELL'S STORY

以前...

アウトドアのメッカであるオレゴン州ベンドで、マラソン選手の母とトライアスロン選手の父によって育てられました。私は持久力スポーツ、特にサイクリングが大好きでした。21才の時にフランスのニースに引っ越し、Team Skyに加わってプロのロードサイクリストとしての夢を追求しました。過去10年間、私は子供の頃からの夢を追い続け、何百キロというトレーニングライドを行い、多くの犠牲を払ってきました。この努力が実を結び、グランツールの3つのレースすべてに参加し、このスポーツにおける最高峰に到達できました。レースは私に貴重な体験を与えてくれました。レースに参加することで、いろいろな場所を訪れ、学び、世界中に友達を作ることができました。多くの素晴らしい思い出と私をサポートしてくれる友人のおかげで、私は次なる新しい挑戦をすることができます。

現在...

私は人生の次の段階に移り、Wahooでグラベルレースのキャリアをスタートします。同時に、これからも参加するすべてのイベントで他の選手に負けない世界クラスのアスリートとして活躍していきたいと強く願っています。バーモント州ピーチャムの自宅でトレーニングを行いながら、持久力競技アスリートの幅広いコミュニティに参加し、さまざまな目標に共に挑戦して、新しいサイクリング体験を意欲的に追及していきます。サイクリングレースの新たなフロンティアに集中的に取り組むことで、このスポーツに対する見方を広げることができます。この新しい体験を通して、グラベルレースの世界中の専門家からたくさんの知識を吸収するつもりです。

FRONTIERS WAHOOLIGANS

コリン・ストリックランド

コリン・ストリックランドは、これまで多くのレースで勝利してきました。Red Hook Crits、Dirty Kanza 200、The Rift、そしてGravel Worldsでも何度も勝っています。最近、彼は自分が最も愛するアドベンチャーレースとグラベルレースに専念するために、最高峰のサイクリングレースであるWorld Tourロードレースに参戦する機会を見送りました。コリンは、レース125マイル(201km)地点で大胆な走りを見せ、2019年のDirty Kanza 200レースに勝利しました。このレースで彼は他の選手を大きく引き離し、10時間の記録を打ち破りました。コリンは自分の道を進み、情熱と目標に向かって走っています。彼は、すべてのレースで最善の力を出し切ることができる、強い決意を持った真のワフーリガンです。

ヘザー・ジャクソン

Wildflower Triathlonで3度優勝し、アイアンマン世界選手権大会でも入賞したヘザー・ジャクソンは、言い訳を一切許さないタフな選手です。2009年末にプロに転向した彼女は、多大な努力とそのアグレッシブなレーススタイルによって、強豪選手としての地位を確立しました。2020年、ヘザー・ジャクソンはトレーニングとレーススケジュールにグラベルレースを取り入れる予定でいます。ヘザーはBelgian Waffle Ride、Dirty Kanza 200、そしてSteamboat Springs Gravelのレースに参戦します。ヘザーにとって、グラベルレースは単なる勝ち負けではありません。全力で困難に立ち向かい、他の選手たちと交流する場でもあります。こうした大会に加えて、ヘザーは10月に行われるアイアンマン世界選手権への参加資格も得ています。今年、ヘザーは初めてグラベルレースとトライアスロンの両方に参戦します。

ピート・ステティナ

ピート・ステティナは、クライマーおよびマウンテンのアシストを専門としています。2012年のGiro d'Italiaを含め、彼はこれまでに多くのレースでチームを勝利に導いてきました。ピートは2015年のVolta al Pais Vascoで衝突事故に巻き込まれ、膝蓋骨の粉砕骨折、脛骨とあばら骨5本の骨折という重傷を負いました。2016年、彼はAmgen Tour of Californiaのステージ3のGibraltar Roadクライムで2位に入賞し、ツール・ド・フランスを完走して驚異的な復活を果たしました。2019年のシーズン中、ピートはグラベルレースとWorld Tourレースの両方に参加しましたが、2020年はグラベルレースのみに専念します。彼は、Belgian Waffle Rideの前回優勝者であるほか、Dirty Kanza 200では入賞を果たしています。

アミティ・ロックウェル

アミティ・ロックウェルは、幼いころから大学までずっとランナーでした。しかし、超長距離のトレイルレースを走り続けてきたことから、慢性的な怪我に悩まされるようになりました。ランニングをやめていた時期に、アミティはサイクリングを始めました。たまたまサイクリストになった彼女は、自転車レースに集中的に取り組むようになってからグラベルレースに出会いました。アミティは、苛酷なレースに挑戦し、新しい場所を訪れて他の選手たちと交流することを望みました。2018年のDK200では故障に悩まされたアミティでしたが、2019年には伝説のGrasshopper Sweetwaterレースで優勝し、Land Runでは4位に入ったほか、数え切れないほどの時間、故郷の北カリフォルニア州を自転車で走りました。アミティは独自のトレーニングを行い、全力を出し切ってレースし、一つひとつレースで最高の体験をしています。

Sarah Sturm

Last year was a breakout year for Sarah Sturm. Some have even said that Sarah is the next big thing in gravel. She toed the line at Belgian Waffle Ride in May with very little expectations as the distance of 130 plus miles would be the longest ride she had ever taken on. She won! Not only did she win but she won by over 13 minutes. Rewind one month to Sea Otter where she entered the pro women’s road criterium on her gravel bike. She won! Sarah went on to place second in her first Leadville Trail 100 mountain bike race in August and defended her US national single speed title at cyclocross nationals late in the year. Sarah is a dynamic rider who takes on challenges to see what she is capable of, to test her own limits, to explore the unknown and to inspire others. You will not meet another person who smiles more or is as stoked to be on her bike than Sarah.

Powered By OneLink